TOP ≫ CATEGORY ≫ 入院~2006年9月以降
CATEGORY ≫ 入院~2006年9月以降
       次ページ ≫

入院記録 その3

入院記録の続きです。


5月13日(土)

朝起きて顔を洗ってから、軽く荷物の整理。
すると朝ごはんが来ました。

病食5

味噌汁
スープ煮(ブロッコリー)
おろししらす干し
ヨーグルト
主食


ご飯は、結局最後まで普通サイズでした(´・Д・)」
もったいないけど半分しか食べられず💦

さて、入院費の支払いですが。
土曜日退院ということで、防災センター(休日の窓口)で支払いになります。
24時間開いているとのことで、早々に支払いに行くと・・・・。
機械が壊れて入金出来ないと!Σ(゚д゚|||)

「次回の予約はいつですか?」

と聞かれたので、「予定はありません」と答えると慌てる職員の方。
次回の外来のときに、一緒に支払いをお願いしようと思われていたようです。
今から頑張って直すので、退院されるときにもう一度来てくださいと言われ、病室に戻りました。

9時には荷造りも終わり、看護師さんに忘れ物がないかチェックしてもう。
もうそろそろ直ったかな~と思い、下りてみると・・・・・。
直ってました~~~♪
無事入院を済ませ、退院です(* ´ ▽ ` *)

電車を乗り継いで、東京駅に着いたのは10時頃。
予定より1時間早い新幹線に乗れそうなので、切符の変更をして、お弁当&お土産さがしてウロウロ。
11時の新幹線に乗れました~✨

おとーさんが駅までお迎えに来てくれていました(*´∀`人 ♪ありがとー💛
助手席には、ジャスさんの姿が!!

ジャス~~~~~ヽ(≧∀≦)ノ💛

と大喜びで駆け付ける私に、ジャスさんはふつーの顔で、軽~く義務感満載の尻尾フリフリ・・・・。

ク・・・・クールだね・゚・(つД`)・゚・

いつも車で移動するときは、後部座席のクレートの中にいるジャスさん。
この日は、駅までずっと助手席に座ってきたらしい。
車が動き出すと、助手席にずっと伏せてウトウトしてたお利口さん(* ´ ▽ ` *)
でも、ステーキ屋さんの前を通りすぎるときだけ、ムクっ!と起き出して窓の外の匂いを嗅いでいたそうです(笑)

実はこの日、ジャスのシャンプーの予約をしていました。
1時間早く帰れたので、まだ予約の時間までたっぷり。
というわけで、バブルブーさんでお茶しました~♪

鼻1

おかーしゃん、早く早く💛

鼻2

ヤギミルク一気飲みのジャスさんでした(* ´ ▽ ` *)
いつもはシャンプーの後にウマウマなのですが、思わず時間が出来たので、この日はシャンプー前にウマウマでした♪
シャンプーの後は、夕方のお散歩~。

おにく

ステーキ屋さんの前を通ると、当たり前のようにお店に入ろうとするジャスさんでした(」*´∇`)」


入院記録は以上です(* ´ ▽ ` *)

2泊3日の入院だったけど、今回は長く感じました~。
でも異常なしで一安心。
疲れたけど、ジャスさんとおとーさんに会った瞬間、疲れも吹き飛びました✨
家族の力は凄いね(*´∀`人 ♪

私がいなかった2日間、忙しいのに仕事を切り上げてジャスの夕方のお散歩に行ってくれたおとーさん、ありがとう💛

入院記録 その2

入院記録の続きです。


5月12日(金)

昨日は疲れていたので、朝まで熟睡でした~。
午前中、小腸造影の検査のため絶食。
水分は少量ならOKとのことですが、あまり飲まないように言われる・・・・(´д⊂)

~クローン病ではない方のために~

小腸造影とは。
おもに、クローン病の患者さんくらいしかやらない検査じゃないかと思います。
バリウムを小腸に流して、レントゲン撮影をする検査です。

胃のバリウム検査ならされた方も多いと思いますが、ざっくり言うと、あれの小腸版です。
クローン病は、口から肛門までのすべての消化管に原因不明の潰瘍が出来る病気なのですが、ほとんどが小腸と大腸に潰瘍が出来ます。

大腸を調べる場合は、お尻からバリウムを入れてレントゲン撮影をする注腸造影か、お尻からカメラを入れる大腸ファイバーで検査できるのですが、小腸はお尻からのカメラが届かず・・・・。
かと言って、胃カメラも十二指腸までしか見られません。
というわけで、小腸はこの造影検査が主となります。

今はカプセル内視鏡というものがあるので、それで小腸内を診る検査もありますが、小腸に狭窄がないことが条件です。
というわけで、一般的には小腸造影をやります。

と、話がそれましたが。


待てど暮らせど、検査に呼ばれません・・・・
水分取れないし、ダルい・・・・。
いつ呼ばれるかわからないので、ウロウロ出来ず、ひたすらベッドにいるしかなく苦痛でした。

そうこうするうちに、なんとお昼になり昼食が出てきました💦

「私、まだ検査に呼ばれていないので食べられないんですが」

と言ったんですが、「取りあえず置いておきますね~」と。
メニューが何なのか気になったけど、しんどくて見る気にもならず。
2時間ほどして、「冷蔵庫に入れます」と言われて、持って行かれました・・・・。

こんなに待つなら、点滴してもらったらよかったな~・・・・・と思っていたころに、ようやく呼ばれました💦
なんと、14時半でした。゚(゚´Д`゚)゚。
この頃には、軽い脱水の症状が出ていて、倦怠感、頭痛、吐き気がしていました。

地下の放射線科へ行って、検査開始です。
検査方法は、鼻からチューブを小腸の入り口くらいまで挿入して、バリウムを流しこむ・・・という方法です。
チューブが喉を通るときに、何度もオエッ💦オエッ💦となるのですが、今回は検査前から吐き気があったので、軽い刺激でもオエッ💦ってなって、ほんとにしんどかった~~・゚・(つД`)・゚・

ようやく小腸の入口まで入ると、チューブが抜けてしまわないように、チューブの先端の風船?を膨らませて抜けないようにするようなのですが、これが激痛でした・゚・(つД`)・゚・

「空気入れて膨らませます」

と言われた瞬間、激しい激痛でのたうち回る💦
空気入れすぎなんじゃないのか!?と抗議したくても声が出ず・・・・
ちょっと空気を抜いてもらって、緩めにしてもらったのでチューブが抜けるかもしれないと言われたけど、その後は問題なく検査できました。
造影剤と空気を入れながら何枚も撮影して終了✨
こんなにしんどい検査だったかな~・・・と思ったけど、終わったからまあいいか。

「特に悪いところもないし、問題ないです」と言われたのが救いでした(´д⊂)

検査が終わって病棟に戻る前に、売店に寄り道して紅茶のペットボトルを購入。
紅茶を一気飲みして、ようやく喉の渇き&体の渇きを癒せました~✨

検査時間が午後からになるんだったら、夜間のエレンタールやってもよかったんじゃないのかと思ったけど、検査技師さん曰はく

「エレンタールは小腸の中で溜まってしまう事があって、そうなるとバリウムがうまく写らないことがあるんです」

とのことでした。
でも検査2時間前までなら、水は飲んでもいいと言われてビックリ!
病棟ではあまり飲まないようにと言われたので脱水気味になったのに・・・・(つω-`。)
「くそー、次回は飲んでやる!」と決意したくまっこでした✨

病棟に戻ると15時半。
ようやく昼食を持ってきてもらいました。

時間が経ちすぎているので、衛生的に問題があるおかずは廃棄され、出てきたのはこれだけでした。

病食3

メニュー表には、

クリームシチュー
サラダ
ジュース
フルーツ
主食
ジャム

とあり、どうやら廃棄されたのはシチューのようです💦
シチューなんて2時間で傷んだりしないし、食べたかったよ・・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

18時にはすぐ晩ご飯が来るので、パンは1枚にしときました(2枚ありました)

その後、シャワーを済ませてようやくホッと一息。
この頃には、脱水による頭痛もマシになってきました✨

すると、すぐに晩ご飯が来ました💦

病食4

汐焼き
付)おろし
炒り豆腐
味噌汁
ヘム鉄ゼリー
ジュース
主食


・・・・・・さすがに、全くと言っていいほどお腹が空いてない💦
というわけで、ほとんど食べられず・・・・。


主治医が来てくれて、まだ検査結果が上がって来ていないので見ておられず、「技師さんは何て言ってました?」
と聞かれる。
病変もなく問題ないと言われたことを話すと、検査結果をCDにおとしたものを、私の地元の病院の主治医に持って帰ってくださいとのこと。
次回はいつ頃検査したらいいかを聞いたら、

「落ち着いていたら、2年に一度でもいいけど、遠方なので3年に一度でもいいです」

とのことでした。
あくまでも、落ち着いていたら・・・ということなので、自覚症状があったり、採血上でもCRPが上がるようだと、その都度検査をすることを約束しましたヽ(´∀`)ノ

というわけで、予定通り翌日退院です✨
ジャスに会える~~~~(」*´∇`)」


~おまけ~

この日、おとーさんが帰宅したときのジャスさんの写真を送ってくれました。

いいこ1

カーテンに潜って、じっといい子で待っていてくれたそうです+゚。*(*´∀`*)*。゚+

夜のお散歩から帰ってきても、しばらく庭にいたジャスさん。

いいこ2

その後、自分から入ってきたそうです。
日中だと庭で遊んでいたらなかなか捕まらないけど、やっぱり夜は家の中に入りたいのかな(* ´ ▽ ` *)

いいこ3

私がいないことに気づいているのかどうかよくわからないけど、それでも階段の下から二階を見上げていたそうです。
私が二階にいると思っていたのかな?

入院記録 その1

久しぶりの更新になってしまいました💦

11日(木)~13日(土)まで、2泊3日で東京の病院に検査入院していました~。
気づけば、小腸造影の検査を5年もやってなくて、さすがに今年は検査しとかないとな~💦と思い、希望して検査を受けてきました。
検査結果は問題なく、クローン病も安定していますヽ(´∀`)ノ


と言うわけで、備忘録として入院記録を書いていきます♪


5月11日(木)

朝7時に自宅を出て、駅へ。
ちょうどジャスとおとーさんが朝のお散歩だったので、駅まで見送ってくれました(* ´ ▽ ` *)

たったの2泊3日なんだけど、ジャスに会えないのが淋しい・・・・・゚・(つД`)・゚・
そう思ってるのは私だけで、ジャスさんはあっけらかんとしてましたけど(笑)
後ろ髪引かれつつ、駅の改札へ。

8時の新幹線に乗って、いざ上京です♪
めったに富士山を見る事のない関西人は、必ず富士山の写真を撮ろうとします(笑)
この日の富士山は・・・・・珍しく山頂だけ見えました~。

富士1

病院に着いたのが、11時半頃。
遠かった~~~~。
そして・・・・東京、暑いんですけどっ💦

入院手続きを済ませて病棟へ。
この日は特に何もすることはなく。

病棟に上がるとちょうどお昼ご飯でした。

病食1

食事はCD5です。
この病院はIBDセンターがある専門病院なので、食事もちゃんとCD食が出てきます。
CD食は1~7まであるそうですが、大概4ぐらいでいつも退院するので、5を食べるのは珍しい私。

メニューは、

ささみとじゃが芋の味噌煮
胡瓜とカニカマの土佐酢
ちりめん小女子
フルーツ缶
カルピス
主食

です。

カルピスなんて、この病院に入院したときしか飲むことがない💦
久々に飲むと美味しいね(*´∀`人 ♪

ご飯の量がとても多いので、小に変えて欲しいと看護師さんに言ったら

「残してもらったらいいですよ~」

と。
いやいや、残すのがもったいないから小に変えてほしいって言ってるんだけど。
一応、オーダー変更しておきますと言ってくれたけど、結局退院するまで変わっていなかった・・・(´・_・`)

ご飯が終わると、何もすることがなく。
主治医が来てくださり、「ご無沙汰してます~(* ´ ▽ ` *)」とご挨拶。
女医さんなんだけど、相変わらず可愛らしく、5年前と全然変わってない不思議✨
明日の検査の予定とかを聞いて、今晩はエレンタール禁止とのこと。
エレンで脱水を補おうと思っていたので、一抹の不安が・・・・Σ(゚д゚|||)

その後、お風呂入ったり、テレビを見たり、本を読んだりしていたら、すぐに晩ご飯💦
全くお腹空いてないんですけどΣ(´Д`*)
入院すると動かないからな~。

病食2

豆腐鰻卵とじ
清汁
蕪の梅肉和え
マシュマロサンド
フルーツ
主食


病院食で鰻が出るなんて💦
しかもクローン食なのにΣ(゚д゚|||)
そういえば、5年前のオペで入院しているときも、ガッツリ鰻が出たな。
凄いですね~✨

マシュマロサンドは、もしかして手作り!?
よく見ると、マリービスケットだったんです!
マリービスケット2枚の間にマシュマロがサンドしてあるという・・・・・
なんとも画期的!?なデザート(笑)
とても美味しかったけど、口の中の水分を一気に奪われました💦


夜間のエレンタールは禁止と言われたけど、やっぱり脱水が心配💦
「せめて消灯までに1包でも入れたい」とお願いする。
1包なら・・・と主治医がOKしてくれたので、慌てて用意。
21時に終わらせました。
22時消灯。
朝まで熟睡でした~~~(=∀=)


続きます


~おまけ~

入院前夜。

「明日は東京か~~」と思いながらお風呂へ。
ジャスに会えなくなることを淋しがりながらお風呂から上がり、リビングに入ると・・・・

ごくらく

ぱっかーん姿のジャスさんが💦
癒される~~~(* ´ ▽ ` *)

入院記録 その4

入院記録の続きです。


1月31日(火)

朝、エレンタール無事終了✨
夜中に一度、チッコに行きました(」*´∇`)」
点滴だけだった土日は、消灯前にチッコに行ったら朝まで一度も行かなかったので、エレンタールが吸収してくれてる!
一安心です~♪

この日は、おとーさんもようやく36.9度まで熱が下がり、夜もグッスリ眠れたようでした(* ´ ▽ ` *)
朝晩、ずっと私の父がジャスの散歩に行ってくれていたので、この日の朝は久しぶりにおとーさんが行ったようです。
でもまだ本調子ではないので、大事をとってお仕事はお休みしました。

病院ごはん3

朝ごはん。
お粥が嫌いだと言う人、結構多いですが、私は大好きです(* ´ ▽ ` *)
なんの味付けがなくても、食べられます♪
お米の味がして、ご飯よりおいしいかも💛

朝食が終わってしばらくすると、先生登場♪
ノロは陰性だったとのことで、一気に隔離解除になりました(」*´∇`)」
エレンタールも吸収してくれているということで、点滴は今入っているのが10時に終わるので、それで終了。
問題ないので、翌日退院OKになりました♪

10時に点滴抜去で、脱水を起こさないよう、ジュースを飲んで水分補給💛

病院ごはん5

恐ろしいことに、全く動いていないのでお腹が減らないのに、すぐにお昼ご飯がやってきました💦

病院ごはん4

牛乳はアカンやろ・・・・ってことで、スルー。
お腹いっぱいで、お粥はほとんど食べられず。
それにしても、病院なのに味付けが濃い・・・・(´・_・`)
私、薄味なんですよねー💦

病院ごはん6

こちらは晩ごはん。
同じく、あんまりお腹空いてなかったけど、半分くらい食べました。
オムレツが、なぜか硬かった・・・・・(;д;)
フワフワだともっと食べられたかも💦

お腹いっぱいなのに、20時からエレンタール。
この日は、3包を900にして、90で落としました。

隔離解除になったので、お隣さんが戻ってこられたのですが・・・・・。
もの凄いイビキで眠れない💦
本人さんも、入院してこられたときに看護師さんに

「あたしイビキが凄くて、迷惑かけるんやー。
だから、うるさかったら頭を動かしてもらったらー」

みたいな話をされていたんですよ。
イビキがうるさいって、どれくらいうるさいだろう?って思っていたら・・・・
今まで数えきれないくらい入退院をしている入院のプロ?の私でも、お目にかかったことがないくらいの最上級のイビキでした・゚・(つД`)・゚・
なんていうか・・・・騒音レベルです💦

この患者さん、抗がん剤投与のために入院されていて、嘔吐されたりとても辛そうだったんですよね。
せっかく気持ちよく眠ってらっしゃるのに起こすのもかわいそうで・・・・。
どうしても眠れないので、ナースステーションへ行った私。

「あの~・・・・・。耳栓ありますか?」

と聞くと、

「え?何かうるさいですか?」

と。

「イビキがちょっと・・・・💦」

と言うと、

「ああ、お隣さんね。そ~なのよ~・・・・あの人、凄いんですよ・・・・」

と耳栓をくださいました。
それを出来るだけ耳の奥まで突っ込み、なんとか寝ようと頑張りました💦


2月1日(水)

耳栓しても全然効果なかったけど、しばらくしたら眠ったみたいで、朝になりました。
本人さんは看護師さんに

「イビキどうでした~?」

って聞いてたけど、私に聞いてほしい(っω・`。)
どんなだったか教えてあげるのに💦←うそ

エレンタールも無事終了。
チッコも出てる!というわけで、腸管の吸収力も戻ってきたようです✨
おとーさんも、今日から出勤するとのことでした。
やれやれです・・・・。

病院ごはん7

朝ごはんは、目玉焼きが。
おいしくいただきました(* ´ ▽ ` *)
この柚味噌も、結構好きなんですよね♪

朝食を終えて、トイレから戻ってきたら先生がいた。
またこんな症状が出たら、取りあえずはクラビットを飲んで、脱水がひどいときは迷わず病院に来るように言われました💦

というわけで、無事に退院できました(」*´∇`)」
実は、実家の母も私が入院する前から具合が悪かったので(←これもウイルス性胃腸炎かも?)、お迎えは父が来てくれました。
家に帰ると、ジャスさん大興奮で出迎えてくれました💛
会えなくて淋しかったよ~~~・゚・(つД`)・゚・

今回は、ほんと久々の入院だったー・・・。
予想外の脱水騒ぎでしたが、結局、夫婦共々ウイルス性胃腸炎に感染したのでは?ということでした。
ちなみに、菌に感染するとCRPも白血球も上がりますが、ウイルスに感染しても正常値なのだそうです。
なので、間違いないだろうとのこと。
なんのウイルスかはわからないけど、ノロのような爆発的な感染力をもったものではなかったようです。
こればっかりは、気をつけようにもなかなか難しいですよね💦
実家の父だけが元気でいてくれて、ほんと助かりました☆彡
みなさんも、お気をつけくださいね(* ´ ▽ ` *)

以上、久々の入院記録でした♪

入院記録 その3

入院記録の続きです。


1月30日(月)

昨日、部屋を移動したのですが、ナースステーションの真ん前の部屋。
ナースコールがひっきりなしに鳴ったり、看護師さんのバタバタ走る音や話し声等で、なかなか寝付けず・・・
眠たい目覚めになった。

朝、消化器内科のF先生が来てくれる。
私の主治医ではないんだけど、昔私の主治医がイタリアへ行っていた時期に、一時的に主治医をしてくださったことがある先生です。
F先生に、おとーさんもダウンした旨を伝えて、

「昨日は、急病センターで『インフルではない』と言われたそうなんですが、遅れて出ることはありますか?」

と聞いてみた。
そしたら、発熱してすぐの検査だとインフルが出ない場合があるそうなので、今日も熱が下がっていなかったら病院を受診した方がいいと言われた。
それをおとーさんにラインで伝えると、熱は37.4まで下がったとのこと。
でもカロナールで下がってるだけかもしれなし、朝は体温が下がるから、近所のかかりつけの内科へ行くように勧めた。
関節痛や、咳、鼻水といった症状は全くなくて、熱と下痢だけとのことだった。

ジャスさんは、朝から私の父とお散歩に。
「おじーちゃーん💛」と大歓迎だったようで、ゴイゴイ引っ張りながらお散歩に行ったとのこと・・・。
人懐っこい子で、ほんとによかった💦

まってる2
↑この日のジャスさんの様子💛

その後、かかりつけ内科で診てもらったおとーさんは、やっぱりインフルではなかった・・・とのことで一安心。
ウイルス性の胃腸炎だろうと言われたそうです。

この日、私の主治医は外来日。
9時から外来が始まるので、9時になっても先生が来なかったら、会えるのはお昼以降だな~と思っていたら・・・・
お昼前に、なんと主治医の外来に呼ばれる。
外来はインフル患者さんもウロウロしているそうなので、マスク着用で降りる。

「ごめーん💦入院してること、知らんかった~💦」

と。
・・・・・・でしょうね(´・_・`)
だって、いつも朝一番で来てくれる先生が来ないなんて、おかしいと思ったもん。

実は、病院がお休みの土日に入院すると、そのときに診てくれた当直医が、手続き上、一旦主治医になるのだそうです。
その後、いつもの主治医に変わるのですが、なぜか変更されておらず、端末上もそのまま。
だから先生も知らなかったのだとか。
病棟ナースからの連絡で、私が入院していることを知ったのは外来真っ最中の10時頃だったそうな。
というわけで、外来の最後に呼ばれたそうです。

やっぱりこの日の採血でも、炎症反応も白血球も正常値とのことで、クローンの悪化とか、卵管炎の再燃ではないと言われました。
そこで、「もしかして・・・」と思って、おとーさんがダウンしたことを伝えました💦
そして、ウイルス性の胃腸炎ではないか、と言われたことも。
そしたら、

「ああ!それやわ(笑)」

と。
同じ家に住んでいるので、どちらかが感染したら絶対に防ぎようがないと言われました。
普通の健康な人がかかると、潜伏期間があって、それから症状が出るけど、私のように大腸がなくて小腸も短いと、感染してあっという間に症状が出て脱水になる・・・・・と。
なんのウイルスかわからないけど、もしノロだと大変なので、「ノロの検査だけしとこかー」・・・・・という事になりました💦

「で、どうする?今から点滴抜いて、今晩エレンタールやって、明日帰る?」

と言われてビックリ!!Σ(゚д゚|||)

「えっ!もう帰っていいんですか!?」

と聞くと、

「そら、もっといてくれたほうが僕は安心やけど✨」

と。

いつも「早く退院したい」と私が言うので、先生も焦ったのかも。
でもいくらなんでも、先生急ぎすぎ!!

「今点滴抜くのは怖いので、今晩エレンタールやって、明日の朝吸収していることがわかってから抜いていいですか?
それから、食事を始めてから帰りたいので、今晩から食事だしてもらっていいですか?」

と言うと、

「そうやな。そうしよか(* ´ ▽ ` *)」

と。エレンタールの数も、濃度も速度も全部任せるわ~とのことでした・・・。
先生、丸投げ・・・・・(つД`)ノ
まあ、付き合いが長いから、お互いのことをよくわかっているからいいんですけどね💦

診察が終わって病棟に戻ると・・・・・
一気に隔離が始まりました💦

2人部屋のお隣のベッドの人も、この日入院してこられたばかりなのに、別の部屋に変わられました(;д;)
病室のドアは全部開けっ放しなのに、私の部屋だけドアが閉められ、入口には

「この部屋に面会される人は、このマスクをつけて手を消毒して!」みたいな事がかかれたボードが付けられてました💦

そして、トイレも「ここを使って!」と場所指定。
こんなときのために、感染の疑いがある人だけが使うトイレが別に確保されているのです💦

う~ん・・・・・
迷惑かけてすみません・・・・(´;ω;`)

って感じでした。
そして、便の検査をして、結果が出るまではこの状態を継続されました💦

夕食は、18時。

病院ごはん1

お粥だけかと思っていたのに、いきなりガッツリおかずが出ていてビックリ💦
しかも、この肉団子が豚っぽくて怪しいのでパス💦
お粥、おかず共に、半分くらい食べて止めました。

エレンタールは、2包を800にして、時間80で落としました。

病院ごはん2



続きます。