flower border

No image

私の病歴31

●平成18年9月退院はしたものの、何か気になって、しょっちゅうお腹の傷を見ていた。とりあえず塞がったものの、食事を始めてまた開かないか心配だった。そして私の嫌な予感は的中したお腹の傷口が盛り上がってきていた・・・退院してまだ2日しかたっていなかった。とにかくまた絶食して、エレンタールだけに切り替えた。そして病院へ行った。外科の先生に診てもらったが、予想通りまた瘻孔が出来ていた。皮膚瘻の傷口は盛り上...

No image

私の病歴30(14回目の入院)

●平成18年8月 T先生の言われるとおり、日中は絶食で夜間にエレンのみの絶食生活が始まった。私はエレンは絶対に飲めないので、夜間のエレンに頼るのみだ。しかし、仕事に行く都合上、夜間にできるのは5包が限界だった真夏だったので、かなり暑くて、しかも日中何も食べないので2~3日で体は衰弱していった・・・血液検査の結果を聞くために、S病院に電話した検査の結果は、栄養状態もいいし、CRPもたいしたことない。13...

No image

私の病歴29(2度目の皮膚瘻)

●平成18年6月お腹の腫れを切開・排膿してから2週間ほど過ぎた。普通の皮下膿瘍だったら、切開して2週間もすればカサブタ化するということだったが、予想通り閉じる気配はない。ただ、本当に小さな穴だったので、1度目の皮膚瘻(ドレーン創に出来た)ほど、浸出液も出てこなかった。しかし、一向に閉じる気配もない。これはやはり皮膚瘻だと確定するのに、そう時間はかからなかった。ここで、私はあることをした。これはお勧...

No image

わたしの病歴28(2度目の皮膚瘻)

●平成18年6月仕事はそんなに忙しくはなかった。しかし、教育委員会というところは休日勤務の多いところだった週末は毎週のように何かのイベントが入っていて、職員の動員がかかるのだ。皆さんの身近なイベントで言えば、成人式とか。1月におこなう成人式でさえ、夏の段階ではもう準備に入っている。今年は兵庫国体もあったせいか、なんだかんだと休日出勤していた。休日勤務したからといっても、超過勤務手当てがつくはずもな...

No image

私の病歴27(てんかん編)

●平成18年4月~5月テグレトールを飲んでから、あることに気が付いた。音が・・・・・音がおかしく聞こえるのだ正確に言うと、音が半音ほど下がって聞こえる。♭がついて聞こえるのだ!最初に気付いたのは、テレビのCMの音楽だった。いつも聞きなれている音楽に全て♭がついているように下がって聞こえた。その次は携帯の着信音だった。不思議と、人の話し声とかは普通に聞こえた。♭がついて聞こえるのは、音程のあるものだけだ...