TOP ≫ CATEGORY ≫ クローン病 外来
CATEGORY ≫ クローン病 外来
       次ページ ≫

エコー検査

今日はエコー検査でした。

先月レミケードをしたとき、その前の週からなんとなく腹痛(違和感)があって、一度エコーしようかという話になり。
ところが、その後から痛み(違和感)は消え、普通に伊勢旅行を楽しんできました(*´ω`*)

でも予定通り検査は受けてきました。
胆石があることはわかっているんですが、痛みの原因が胆石か何かもわからないので、とりあえず診ていただいたのです。

やはり、石は結構あるようでした💦
その石が胆管内に出る前に胆嚢の入り口部分で詰まったり、または胆管内に出た石が十二指腸への出口あたりで詰まったりして、痛みが出ることがあるそうです(;'∀')

主治医が絵に書いて説明してくださいました~。
↓画伯の作品(笑)

add_text.jpg

黒丸で書いてあるのが石です。
こんな風に詰まることがある・・・・という一般例の話で、今の私がこの状態だというわけではありません。

ちなみに、痛みが出ることを発作というのですが、小発作が出ると近いうちに大発作が出ることが多く、小発作のうちにオペで胆嚢を切除するのが望ましいそうです( ;∀;)
胆管内に石があるかどうか等はMRIの方がよくわかるそうなので、来月MRIを受けることになりました~。
まあ、今すぐどうこうというわけではないし、そもそも先月の腹痛(違和感)が胆石のせいかどうかもわからないんですが。

今日のエコーでは、胆嚢炎の様子も見られないので、多分大丈夫だろう・・・って感じでしたが。
でも自分は石持ちだということを忘れないようにしないといけないですね💦
いつ強烈な痛みが出るかわからないし(;'∀')

ちなみに、腎臓・膵臓・ひ臓・肝臓等その他の臓器もついでに診ていただきましたが、とてもキレイで問題ないそうです(*´ω`*)
脂肪肝もないそうで、よかったです~♪

ひとつ気になっていたことを、先生に質問。
胆石を持っていると、胆のう癌のリスクが上がるのか・・・ということ。

確かに、胆のう癌の患者さんは胆石を持っている人が多いそうですが、胆石を持っているからといって胆のう癌になりやすいとは言えないそうです。
なので、気にしなくていいと言われて一安心♪

クローン患者さんは、治療上長期絶食をすることが多いので、胆石になりやすいんです。
定期的に調べてもらうことが大事ですね(*'▽')

胃カメラ

今日は、胃カメラの検査を受けてきました。
特に不調だったというわけではなく、もともと予約していたものです。

別の病院に罹っているクローン病の友達が、胃カメラを飲んだら胃にもクローンの潰瘍が出来ていたことがわかって、ペンタサの顆粒を飲んでいる・・・という話を聞いていたので、私も一度カメラやった方がいいかな~と。

最後に胃カメラを飲んだのは10年くらい前。
もう40歳を超えたし、胃がんも気になる年齢になってきたし、久々に受けようかなということになりました。

苦痛を和らげるために、眠たくなるお薬を使ってもらって意識のない状態でやってもらえると楽なんですが、そうなると自分で車を運転してきてはいけないということだったので、お薬なしで頑張りました

検査時間は10時半の予約。
前日21時以降は絶食だけど、エレンタールは朝6時までOKでした。
水分は、検査2時間前までOK。

名前を呼ばれて、検査着に着替えるのかと思っていたらいきなり検査用ベッドへ。
胃の中をキレイにするお薬を飲み(←これで気持ち悪くなって、半分でいいと言われた)、喉に麻酔のスプレーをしてもらう。

喉に麻酔がかかると唾液が飲み込めなくなるので、吐き気が
まだカメラを飲んでいないというのに、すでにオエオエとえづく私

口にマウスピースのようなものをくわえただけで、さらにオエオエ
カメラが入ってくると、さすがに苦しくて更にオエオエ

喉元を通過して胃に入る頃にはちょっとマシになった。
意識がハッキリしているので、自分でもモニターを見ながら、胃や十二指腸の様子を見た。
特に問題もなくキレイだということで、検査は終わった。

時間にして15~20分くらいだった?かと思うんだけど、なんせ苦しかったのでもっと長く感じられたよ
でも、問題なかったのでヨシとするか

喉の麻酔が効いているので、1時間半ほど飲食できないとのことだったんですが、1時間もすれば喉の痺れは取れました。
検査はしんどいけど、定期的に受けることは大事だね~

ぶろぐ20

「おかーしゃん、よく頑張ったねっ


外来日

今日は、外来日でした。

病院に行く前に、税務署に寄り道。

特定疾患更新書類の手続きに必要な納税証明書を取るためですが、代理人の場合は申請書の裏についている委任状に記入の上、もう一度行かないといけないので、用紙だけ取りに行ってきました。


それにしても・・・・。

ほんっとうに暑い!!

車の中も暑いし、病院に行くだけで逆に病気になりそうな暑さでした晴れ


病院の駐車場には、いつもおじさん(職員さん)が立っていて、空いている駐車場を示してくださるんですが・・・。

こんなに暑い日にも、やっぱりいらっしゃいました。


駐車場の空きくらい、みんな自分で見つけられます!

いや、見つければいいんです!

こんな暑い日に、ず~っと駐車場で立たされるなんて・・・。

本当にお気の毒でした。


思わず、「こんなに暑い日は、中へ入られた方がいいですよ!」って何の権限もない私が言ってしまいました汗



さて、午後一番の予約だったからか、すぐに呼ばれて診察室へ。

特に報告することもなく、体調もいい事を伝えます。

でも、さすがに暑くなってきたので、毎晩同じ量のエレンタールを入れているにも関わらず、汗で大量の水分が奪われるためか、夜中にトイレに起きない事を話した。


「そりゃそうやろな~」


と先生。

まあ、様子を見て、またソリタをエレンタールに入れて自分で調節しようと思います。



それよりも、今日は先生に聞きたい事がありました。

私の事ではなくて、主人のことで。


先日、主人が職員検診で人間ドックを受けたんですが、ちょっとあちこち引っかかっていて。

先生に、


「主人のことなんですけど、いいですか?」


って言うと、


「いいよいいよ~」


と、とても丁寧に人間ドックの結果を見てくださいました。



引っかかったのは、尿の潜血反応が±、便潜血反応が+(1日分しか採れてないけど)、胃カメラで胃底腺ポリープ、です。


採血結果は、どこも問題なく基準値でしたクラッカー



尿に関しては、気にすることないと言われました。

たんぱくが降りているわけでもないし、±はよくあることだそうです。

「じゃ、若干の出血ってことですか?」と聞くと、「こんなん、ほんまに微量すぎるくらいや。よくあるから、あまり気にしなくていいと思うよ~」と。



胃底腺ポリープに関しては、癌化するものではないので大丈夫とのことです。

ただ、ピロリ菌保有だと出たんですが、先生がおっしゃるには、「胃底腺ポリープがある人にはピロリ菌はいないんやけどな~」だそうです。


ピロリ菌に関しての知識がない私なので、先生に


「コップの回し飲みとかの唾液感染しますか?」


と聞くと、


「ピロリ菌は子供の頃に持ってる人だけで、大人になってからの感染はない」


とのこと。


でも、去年の人間ドックではピロリ菌マイナスだったんですけどね。

どちらにしても除菌したほうがいいそうです。


先生にお願いしたら、やっぱりこっちの病院でももう一度胃カメラしないとダメだとか。

人間ドックは保険を使ってない検査になるので、ダメなのだそうです。

制度上の問題なんですかね。

とりあえず、胃カメラも先生にやってもらうことになりそうです。



問題は、便潜血反応。

1日分しか採れていないんですが、30代で潜血反応があるとポリープがある人がいる場合があるので、やっぱりカメラを受けたほうがいいそうです。



他の先生ではなくて、私の主治医に主人の検査をしてほしいので、お願いしました。

あと、薬で眠らせて苦痛のない検査にしてほしいと言いました。

胃カメラと大腸ファイバーは違う日なんだけど「、薬で眠ってもらってる間に、両方終わらせてもいいよ」

と言ってくださいました。

何度も検査に行くのはつらいし、どうせ検査前絶食するんだし、1日で両方やってもらえるならありがたいことですクラッカー



ちなみに。

私も、前に胃カメラを受けたのは8年くらい前です。

もう40歳過ぎたし、一度胃カメラを受けたほうがいいかな~と思って先生に聞いてみました。


「う~ん、40歳過ぎたら胃癌の発症も増えてくるから、やっといてもいいよ~」


と。

検査は嫌だけど、頑張って受けようかな。

まずは主人の検査が全て終わってからね。


次回はレミケードです。


外来日

金曜日は、外来日でした。

これと言って、特に報告することもなく。


前回からペンタサの量を減らして、朝晩だけになっているんだけど、特に変化もなく。

まあ、効いているのかよくわからないお薬なので、影響ないのかもね。


先月末に声が出なくなった話をしたら、先生驚いてました。

でも多分鼻チューのチューブを一気に抜いてしまったときに痛めたんだと思う・・・というと納得。


そうそう、書くのを忘れていましたが、声は出るようになっています。

ゴールデンウィーク明けくらいから出るようになっていて、喉を痛めて2週間後くらいから普通の声に戻ったかな。

ちょうどジャスミンがやってきた頃です。


今では普通に声は出るんだけど、なんとなくまだ違和感を感じます。

いっぱい喋ると、喉が痛くなる・・・という感じ。

喋る分にはいいけど、歌はまだ歌えない感じ。

まあ、1ヶ月かかる人もいるらしいのでこんなもんかな、と思っています。



それから、レミケードの話。


国の方針が変わってきているそうで、再燃してからレミケードを増量するのではなく、再燃しそうな兆候が見られる段階で、早めに増量する方向になっているそうです。


私の場合は、CRPも落ち着いているので今のままということになったけど、数値を見ながら、必要な時は早めに増量していくことになりました。

でも今の量でいいかな~と個人的には思っているんだけど。


次回、レミケードです。

外来日

まとめての更新になってしまうけど、すみませんあせる


今日はクローンの外来日だったので、お仕事お休みしました。

14時半の予約だったんだけど、病院に近づくに連れてかなりの渋滞・・・・。

お城の桜を見に訪れている観光客&地元の人たちでごった返してして、信号が青になってもちっとも進まない・・・。


ドキドキしたのは、この渋滞に救急車が巻き込まれていて、動けないでいたこと。

早く動いて~あせるって焦ったよドクロ


対向車線も渋滞だったんだけど、片側2車線の計4車線の道路なのに、横断歩道じゃないところを40~50代のおばちゃんが横着して渡ってきた。

車の間を縫うように、結構なスピードで走ってきて・・・。

それがちょうど私と私の前の車の間を通ろうとしていたんだよね。


そしたら、後ろからこれまた猛烈なスピードで自転車がやって来て、2車線のちょうど間を走って来て、このおばちゃんとぶつかりそうにクマあせる


おばちゃんは、「きゃっ!!」って言いながらなんとか避けたけど、自転車とはぶつかってたよ汗

でも謝りもせずに笑いながら歩道へ。

自転車の男性はイライラしてたと思う。

何より、事故の目撃者になるところで、これまたドキドキでした汗


そんな感じで、病院に辿りつくまでかなり時間がかかったのでした。

病院に着いたときには、結構グッタリだったよ・・・・。



診察は何事もなく、順調に終了。

クローンの自覚症状もなく、元気です。


でも。

じんましんだけは治らない・・・くま


今罹っている皮膚科から、他の皮膚科に変えたほうがいいのか、先生に相談した。

そしたら、


「変えてみたら?」


と。

近所にもう一つB皮膚科があって、そっちの方がいつも混み合っているんだよね。

今罹っているA皮膚科は、いつ行っても結構空いてる・・・・。


空いてる皮膚科って、大丈夫なんですかね!?

なんか怖くないですか!?


って先生に言ったら爆笑されたくま


とりあえず、今日皮膚科を受診する日なので、一度B皮膚科に行ってみることにした。


次回レミケードの日なんだけど、その日にはこの病院の皮膚科も受診するように言われて、先生が予約を入れてくれた。

B皮膚科に行ってみてよかったら、こっちの皮膚科はキャンセルしていいとのこと。


帰りもかなりの渋滞に巻き込まれたので、いつもと違う道から帰宅することに。

途中まで、どこ走ってるのかよくわかってなかったけど、知っている道に出てホッと一安心でした(笑)