flower border

No image

私の病歴30(14回目の入院)

●平成18年8月 T先生の言われるとおり、日中は絶食で夜間にエレンのみの絶食生活が始まった。私はエレンは絶対に飲めないので、夜間のエレンに頼るのみだ。しかし、仕事に行く都合上、夜間にできるのは5包が限界だった真夏だったので、かなり暑くて、しかも日中何も食べないので2~3日で体は衰弱していった・・・血液検査の結果を聞くために、S病院に電話した検査の結果は、栄養状態もいいし、CRPもたいしたことない。13...

No image

私の病歴29(2度目の皮膚瘻)

●平成18年6月お腹の腫れを切開・排膿してから2週間ほど過ぎた。普通の皮下膿瘍だったら、切開して2週間もすればカサブタ化するということだったが、予想通り閉じる気配はない。ただ、本当に小さな穴だったので、1度目の皮膚瘻(ドレーン創に出来た)ほど、浸出液も出てこなかった。しかし、一向に閉じる気配もない。これはやはり皮膚瘻だと確定するのに、そう時間はかからなかった。ここで、私はあることをした。これはお勧...

No image

ブログの更新

わかっていたことだけど、なかなかブログの更新ができません楽しみにして、毎日のぞいてくださっているかたもいらっしゃるかと思うけど、本当にごめんなさい復職してからは、毎日早起きしてお弁当入れて、洗濯物干して、出勤して・・・・・仕事が終われば、買い物して帰宅。洗濯物を取り入れ、夕食の支度。お風呂を洗ってお湯を溜める。夕食の片付けして、お風呂入って・・・・・一気に眠気に襲われながら、鼻チューの準備。それで...

No image

わたしの病歴28(2度目の皮膚瘻)

●平成18年6月仕事はそんなに忙しくはなかった。しかし、教育委員会というところは休日勤務の多いところだった週末は毎週のように何かのイベントが入っていて、職員の動員がかかるのだ。皆さんの身近なイベントで言えば、成人式とか。1月におこなう成人式でさえ、夏の段階ではもう準備に入っている。今年は兵庫国体もあったせいか、なんだかんだと休日出勤していた。休日勤務したからといっても、超過勤務手当てがつくはずもな...

結婚式

昨日は、職場の男の子の結婚式だったもう、幸せいっぱいってかんじで、披露宴でも終始にやけていて、嬉しそうだった見ているこっちが恥ずかしかったよ私の結婚は・・・・もう3年前になります。結婚式に出席すると、改めて自分の結婚式のときのことを振り返ってしまいますねもっとこんなドレスを着ればよかった、とか、もっとこういう披露宴にしたかった、とか、どうでもいいことばっかりだけどでも、改めて、主人と出会えてよかっ...

No image

祝☆復職

今日、無事に復職したいや~、思ったより長い療養生活だったわ一度は9月に復職するはずだったのに、皮膚瘻再発のために自宅療養延期で絶食の日々・・・おかげでブログを始めようなんて考えがおきたんだけどね。2ヶ月ぶりに仕事に行って、正直疲れましたデスクワークなんだけど、それでも他の課に行ったりウロウロすることが結構あって。家に帰ると結構グッタリでした。でも2~3日で慣れると思う。復職したときって、いっつもそ...

No image

私の病歴27(てんかん編)

●平成18年4月~5月テグレトールを飲んでから、あることに気が付いた。音が・・・・・音がおかしく聞こえるのだ正確に言うと、音が半音ほど下がって聞こえる。♭がついて聞こえるのだ!最初に気付いたのは、テレビのCMの音楽だった。いつも聞きなれている音楽に全て♭がついているように下がって聞こえた。その次は携帯の着信音だった。不思議と、人の話し声とかは普通に聞こえた。♭がついて聞こえるのは、音程のあるものだけだ...

No image

私の病歴26

復職してからは順調だった。腹痛もないし、ストーマの扱いにも慣れていた。ただ4日に一度、ストーマのパウチ交換が面倒くさかった・・・仕事は多忙を極めていた。それに職場では市町村合併のため、仕事がかなり増えた。仕事で使う端末なんかも、全て新しいものに変わり、新システムを覚えつつ、通常の業務をこなすというのも大変だった体調は特に問題もなく、そろそろ妊娠・出産を希望していることを主治医に伝えようと思っていた...

No image

外来日

昨日は外来日だった。前回は3時間待って夜の7時になってしまったので、今日も待たされることを覚悟して、読みかけの本と編みかけの編み物持参で行ったでも、意外にも1時間待っただけで呼ばれた。とりあえず、皮膚瘻の傷跡は閉じたままで変化なしということで、復職のお許しが出た!「いつから行く?」「じゃ、明後日から」「えっ!いきなり明後日!?」「・・・・・・(だって、いつ行ってもいいって言ったやんか・・・)」とい...

No image

私の病歴25

●平成17年5月東京の病院を退院した。エレンタールをせずに、食事だけを採っていると、段々と体重が減ってきた。エレンタールを始めたかったのだが、いろいろと疑問があった。まず、ストーマは肛門のようにキュッとしまっているわけではなく、飲んだり食べたりしたらわりとすぐにパウチに出てしまう。なので、しょっちゅうトイレに捨てにいくのだが、エレンタールは水分なので、夜間に鼻チューでゆっくり入れて、どれくらいでパ...