TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年07月
ARCHIVE ≫ 2007年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2007年07月  | 翌月 ≫

皮膚瘻再発・・・

昨日、あんなこと書いたところなのに、今日また皮膚瘻の傷口が腫れていて、ちょっと破けて膿が出たしょぼん

何度同じことを繰り返せば気が済むんだろう・・・爆弾

本当に嫌になる。


でも、社●中のT先生は「皮膚瘻は開いたり閉じたりするだろうけど、いちいち一喜一憂してたらアカンでニコニコ」と言われた。

まさに何度も繰り返している状態だけど、やっぱり一喜一憂してしまうわな~。


最近では、傷口が閉じても「どうせまた開くんやろな~ガーン」って考えてしまう。

またプチ絶食してみようかな。



さっき、職場の同期だった友達が来てくれた。

子供会の旅行のお土産を持ってきてくれたのだ音符


豊岡のお土産だったんだけど、開けてみるとコウノトリのかわいい置物だったドキドキ



コウノトリとは・・・・・。

特別天然記念物に指定されている鳥で、兵庫県豊岡市で人口飼育されており、赤ちゃんを運んでくる・・・という言い伝えがある。


子供が欲しい・・・と思っていることを、彼女に話したことがある。

それを覚えていてくれたんだろうなしょぼんラブラブ


それなのに、いまだに皮膚瘻の問題で前へ進めない状態。

応援してくれている友達のためにも、やっぱり皮膚瘻をちゃんと治さないとねチョキ

先は長いけど、あきらめずに頑張りますリラックマラブラブ

夏バテ

ここ連日の猛暑で、もうすでに夏バテを体験しましたガーン


昨日、朝起きるとクーラーがついていて、冷えたのか頭痛が・・・爆弾

夜中に無意識にスイッチを入れてるようなんですよね~汗

でも、主人も私もスイッチを入れた記憶がなくて・・・。

意識があれば、ちゃんと1時間タイマーとかしてると思うんだけど、寝ぼけた状態でスイッチだけ入れてるもんだから、朝までクーラー入れっぱなし・・・。


とりあえず、いつものように主人のお弁当を作って、麦茶を作って冷やしたり、洗濯物を干したり・・・と一通りの家事をしてから、もう一度寝なおすことにした。


1時間ちょっと眠ると、起きたときには頭痛はマシになっていた。


お昼から、スーパーに食材の買出しに行くとき、あまりの暑さにゲンナリしてしまった晴れ

車の中も暑くて暑くて、ハンドルが握れない状態・・・。

クーラーをかけて走っていても、一向に車の中が冷えないし、冷える前に着いてしまう。



夕方から、また頭痛が悪化爆弾

晩ご飯の準備をしないといけないんだけど、今度は吐き気まで・・・汗

なんとも言えない脱力感で、動けなくなってしまった・・・。


そうこうしているうちに、主人が帰ってきたビックリマーク

「お風呂に入ればマシかもしれないよ。」と言われ、ヨロヨロしながらお風呂へ爆弾

ぬるま湯にじっくり浸かっていると、なんだか体がシャンとしてくるような感じがした。


でも、お風呂から上がるとまた元通り。

結局、主人の分だけなんとか晩ご飯を作った。


私はなんだかムカムカしていたので、お吸い物のお汁だけ飲んで、卵豆腐だけ食べた。

卵豆腐1個食べるのに、なんと1時間以上もかかった汗


吐き気は相変わらずだったけど、根性で鼻チューを入れた。

吐いたら、そのときはそのときじゃー・・・と開き直りつつエレン開始ひらめき電球


すると・・・1~2時間ほどすると体が楽になった。

もしかして・・・脱水だった!?ガーン


室内のクーラーと、外の気温の変化に体がついていけず、早くも夏バテだったのかも・・・。

今からこれじゃー、8月が恐怖だな爆弾



ちなみに・・・皮膚瘻、完全に閉じたようです。

シプロキサンが効いたのか、亜鉛がよかったのか。

それとも5日間のプチ絶食がよかったのか。


シプロキサンを始めたときに、同時にプチ絶食をしたのがよかったのかな~なんて、個人的に思ってるんだけど。

5日ほど絶食したって、何にも変わらないと思っていたけど、さすがT先生の見立ては正しかったようだラブラブ

なんにせよ、今度こそもう開きませんように・・・きら

無事退院!

昨日、お義母さんは無事に退院できたLOVE

2~3日の予定だったけど、朝先生に会ったときに「帰るか~?にひひ」って言われたらしいひらめき電球

ふたつ返事で「はいっ!」と言ったそうな。

急遽、午後からの退院となった。


まあ、早く帰れて本当によかった音譜

朝は、重湯とお味噌汁のお汁だけが出たそうです。

それなのに、いきなり昼食で豚シャブが出ていて驚いたガーン

アカンやん・・・・汗



主人が夏休みを取っていたので、2人で病院へ行き、職場の人にも迷惑をかけたので、ケーキの差し入れを持って行ったケーキ01


とりあえず、出血が止まったので退院の許可がでたらしい。

まだ下痢は続いているようだけど汗

しばらくは、消化の良い食事・・・・まさにクローン食のような「低脂肪・低残渣食」を食べるようだ。



退院のための荷物を整理して、私と主人はお昼すぎに帰った。

もともと映画を見にいく予定だったので、お昼を食べてから映画を見に行くことに。


ジャックスパロウを見てきたラブラブ!(パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドのことね)

・・・って、何で今頃・・・って感じだけどあせる

こっちでは、8月9日までの上映だったので、急いで行ったのだDASH!



感想は・・・。

う~ん、1と2を見ていない人にとっては、なんのことだかわからない映画だろうなあ爆弾

1はおもしろく、期待して見た2で「ええっ?汗」って肩透かしくらった感じで、3で無理やり完結させたって感じだった。

内容が複雑で、ちょっとわかりにくいところもあったけど、やっぱりジャックがラブリ~でしたラブラブ!


平日なのに人が多かったな~と思ったら、もう世間は夏休みだったのね・・・晴れ




病院へ

今日・・・もう日付が変わったので昨日になるけど、お義母さんの病院へ行ってきた。

昨日から絶食で、抹消から点滴をしていた。


下血があるということで絶食だったんだけど、お腹がすいたらしく、昨日の夜にこっそりパンを食べたらしいガーン

そしたらまた下血したそうで、今日は大人しく絶食していた。おいおい・・・汗



普段は患者さんに「絶食しなさい」と言うべき立場のナースでも、自分のこととなると我慢できないものなんだな~。

ま、ナースも人間だから当たり前か。



クローン病だと、誰しも1度は経験済みだろうと思われる絶食。

入院のたびに毎回絶食なので、もはや珍しくもなんともない。

でも、普通の患者にとっては一大事なんだろうな~。

お義母さんは、「くまっこの気持ちがよくわかった」と言われていた。



お義母さんは、55歳にして初めてニフレックを飲み、初めての大腸ファイバーだったそうだ。

検査の結果、下行結腸にかなり大きい潰瘍があったそうだ。

でも、クローン病でも潰瘍性大腸炎でもなく、普通の潰瘍ということだった。

大事に至らなくて、本当によかった。

本人は早く退院したいようだったが、下血が止まるまでもう2~3日入院することになった。


入院と言っても、自分の勤務先に入院しているので、入れ替わり立ち代りナースがやってくる。

「師長さん、大丈夫ですか?泣

「ゆっくり休んでくださいね好

などなど。


心配してくださるのは本当にありがたいことだけど、これじゃおちおち寝ていられないお義母さんが気の毒だった汗


潰瘍の原因は、ストレスと過労だろうと思う。

こんなときでもないとゆっくり休めないので、このさいいい機会だと思ってゆっくり養生してほしいと思いますクマラブラブ




入院

入院・・・と言っても、私の入院ではない。

お義母さんが、昨日入院されました。

原因は、下血。



お義母さんは現役のナースで、とある病院で看護師長をしている。

聞くところによると、ここ最近下血がみられるようになっていたとか。

しかし、仕事が忙しすぎて休みも取れず、無理して勤務していたようです。


検査の結果、腸に潰瘍が見られたとのこと・・・・・。

腸に潰瘍って・・・、なんだか嫌な予感がした。


クローン病ではないと思う。

まさか、潰瘍性大腸炎では・・・?

一瞬、嫌な予感がした。


先生の診断では、そういうのではなく、ただ単に潰瘍だそうだ。

クローン病や潰瘍性大腸炎以外に、腸に潰瘍ができることがあるんだろうか?

大丈夫であってほしいと祈る反面、嫌な予感が拭えない。


1日だけ様子をみて入院・・・ってことだったが、大事をとって2~3日の入院に延びたようだ。

今日、午後からお見舞いに行ってこようと思う。

どうか、ただの潰瘍でありますように。

シプロキサン

シプロキサンとは・・・。

2週間前に社●中を受診したときに処方された薬の名前で、抗菌剤です。



「感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤、痛みや発熱などを生じ、人に苦   

痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです)。

病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれます。このお薬が有効なのは おもに“細菌”による感染症です。グラム陽性菌はもちろんのこと、グラム陰性菌に対しても強い抗菌力を発揮します。病原菌が死滅すれば、腫れや痛みがとれ、熱のある場合は解熱します。

尿路感染症をはじめ、呼吸器感染症、皮膚感染症、また耳鼻科領域の感染症などに広く用いられています。本来、インフルエンザを含め一般的なウイルス性の“かぜ”には無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のために処方されることがあります。 」


調べると、このように書いてあります。

副作用も少ないほうだそうです。



これは皮膚瘻のために処方された薬で、1日2錠(朝・晩)飲んでいます。

そして、飲み始めて1週間ほどして気が付いたことがあるんだけど・・・。


たしかに、皮膚瘻の傷口から出てくる膿が減った気がするのですkiran

まあ、これは途中で5日ほどプチ絶食していたから、そっちが効いたのかもしれないけどあせる


しかし、それだけではなくビックリマーク

お尻からの膿の量もかなり減っていることに気づきましたなっ・・・なんと!

抗菌剤なので、全身に効くからなんだろうけど、これにはビックリビックリマーク

けがの功名というか、目からうろこというか・・・←どっちも違う汗



しかし、このシプロキサンが処方されたのは2週間分。

今朝で、飲みきりました爆弾

さて、せっかく減った膿の量だけど、薬を飲むのを止めたらまた増えるんですかね・・・。

これがちょっと心配ですドクロ汗



ちなみに皮膚瘻のほうは、閉じていません。

5日間のプチ絶食のおかげで?、傷口の腫れは治まっています。

小さなガーゼで十分間に合う程度の排液だけなんだけど、それでも完全に閉じようとはしません。

近々、もう一度プチ絶食してみようかなクマ


しかし、いつまでこんなこと続けなきゃいけないんだろう~汗

いいかげん、皮膚瘻完治したいっすパンチ!



間違い電話

たまに、間違い電話がかかってくることがある電話

いつも決まって言われるのは、「Iさんのお宅ですか?」だうう


「違います!」と言って電話を切るんだけど、また別の日に別の人が「Iさんのお宅ですか?」とかけてくる。


Iさんって・・・誰やねんっパンチ!



私の住んでいる地域は、5つの地区に分けることができる。

西地区・東地区・北地区・中地区・南地区だ。

かなり広くて、地区によって小学校が違ってくるほど離れている。


間違ってかかってくる「Iさん」という苗字は珍しい苗字なんだけど、北地区に多い苗字なのだ。

北地区だと、局番も違ってくる。

もしかして、北地区の誰かか?とずっと気になっていたけど、長い間ほっておいた。

ちなみに私の住んでいるところは中地区になる。



しかし、今日かけてきた相手は、「●●▲▲さんのおうちじゃないんですか?」とフルネームで何度も聞いてきた。

「何番へおかけですか?」と聞いてみると、やっぱりうちの番号。


かけてきた人の話によると、電気屋?さんを営んでいる人のようなことを言った。

ちなみに、その人の名刺をもっているというので、書いてある住所はどこかを聞いてみた。


「●●町××ですけど・・・」


確かにうちの町名だけど、××という地名は南地区だった。

ちなみに、××という地名も読み方が難しく、電話をかけてきた人はこの地名を読めなかった。

ということは、町外の人か・・・。


しかし、南地区にIさんという苗字はないと思う。

もういちどフルネームで名前を言ってもらって、町内の電話帳で調べてみた。



すると・・・・あったのだ!!

やっぱり、思っていたとおり北地区の人だった。

電話をかけてきた人に、ご自宅の番号を教えてあげた。


これで、これからまた別の人が間違えてかけてきても、教えてあげられるな・・・と思った・・・・・って・・・、うちはNTTかい・・・・ガクリ


なんだかよくわからなかったが、多分もともと北地区の人が南地区にお店を出していたんだろう。

で、お店をたたんでしまったのかもしれない。もしくは移転したとか。

まあ、どうだっていいんだけど。



間違ってかけてきた人も、喜んで「かけてみます」と言って、電話をきった。


それから1時間ほどして、また電話がなった電話

すると、さっきの人だった。


「先ほどはありがとうございましたきゃー やっと連絡が取れました!本当にお世話になり、ありがとうございました」


と言われ、電話を切った。

わざわざ電話をかけなおしてくるなんて、なんて丁寧な人だろうキラキラと、ちょっと感動したアオキラ

これからも間違えてかけてくる人がいたら・・・・やっぱり教えてあげるしかないか・・・ほろり

古巣へ・・・

今日は、特定疾患の更新時に提出する住民票を取りに、古巣へ行ってきました。

3月まで勤めていた古巣とは言え、退職するとなかなか行きにくいものがありますトトロ



私が市役所に勤めていた頃、退職された旧職員のかたが来てくださると、本当に嬉しかったもんだけど、みんな口を揃えて「用事でもない限り、行きにくい」と言われていました汗


自分が退職してみて、その気持ちがやっとわかったような気がします。

4月の人事異動で、知らない職員が増えていたし、仲良かった職員も別の部署に移ってしまっていなかったり。

それに、みんな一生懸命仕事しているのに、久しぶりに顔を出すとみんな仕事の手を止めて話かけてくださるし、なんか仕事の邪魔してるような気がして・・・←小心者汗



障害年金の手続きでお世話になった同期のHちゃんと、私が3月までいた教育委員会にそれぞれ差し入れを持って行きましたプリン

教育委員会では、Uくんが「くまっこさん、いいところに来ましたね(*´・ω・`)仕事して行きませんか?ちょうど去年、くまっこさんに手伝ってもらった仕事してるんですよ。」と言われた。

なんだか懐かしかったくま

お互いの近況を話合いながら、あまりお邪魔しても行けないので早々に退散ためいき


その後、市民課で住民票を取った。

昔、一緒に国民健康保険と国民年金の係りだったMさんに会って、「くまっこが退職したから、からかう相手がおらんようになって、つまらんわほろり」と言われたクマ

「またいつでも顔出せよ」と言っていただき、本当に嬉しかったくまラブラブ



それから、選挙の期日前投票へ・・・。

受付の係りも職員が交代でやるんだけど、声をかけられて顔を上げると、建設課のSさんだった。

Sさんとは一度も同じ課になったことはないんだけど、いつも優しく声をかけてくださる人だった。

ここでもいろいろと近況を聞かれ、なんだかんだと話した。



すぐに帰ろうと思っていたのに、結局1時間くらいは役所にいたかも汗

みなさんのお仕事の手を止めてしまって、ごめんなさい。

でも、久しぶりにいろんな人に会えて、嬉しかったですクマラブラブ


なんだか、自分が退職したことがまだ信じられないような、変な感覚に陥っちゃいましたはてな5!

新潟県中越沖地震

被災された人たちに、心よりお見舞い申し上げます。

前回の地震で仮設住宅の生活を送られていた最後の人が、やっと仮設を出られたところにまた今回の地震。

被災地の人は、本当に心配で眠れない夜をすごされていると思います。

また、追い討ちをかけるような雨。

せめて、お天気だけでも回復してほしいですね。



地震のニュースを見ると、阪神淡路大震災を思い出します。

当時、私は就職して1年目。

前年まで神戸にある大学に通っていました。

後輩の子に電話をして、安否確認もしました。


当時の私は福祉課に配属になっていました。

仕事もそっちのけで、女子職員は小学校の家庭科室でひたすらオニギリを作って、姫路の自衛隊の人がヘリで現地へ運んでくださいました。

また、毎週のように職員が交代で現地へボランティアに出かけていました。


私の住んでいる地域は、震度4でした。

庁舎は古い建物だったので、壁にヒビが入り、壁の一部が欠けていました。


テレビで見る神戸の街は、信じられないくらいの変わりようで、声が出ませんでした。

大学時代を過ごした町並みも変わってしまい、友達とよく行ったお店がなくなっていたり、1~2年の頃に住んでいた寮もなくなっていました。

自然の力の前では、人間はちっぽけな存在であると改めて思い知らされたような気がします。



まだまだ、他の地域でも地震が起こる可能性はあります。

どうか、これ以上被災者が出ないように、お祈りしています。


それから、クローン病の人たちがエレンタールを出来るような環境にいられるのかが心配です(水とか足りているのかな)

病気が悪化しませんように。




食事開始☆

5日間の予定だったプチ絶食も終わり、今日から食事開始だでへ

実は、もう少し続けるかどうか迷ったんだけど、とりあえず当初の予定どおりにしてみた。


お昼は、うどんを通常の4分の1ほど食べた。

たった5日間の絶食なのに、胃が小さくなっていて、全然食べられなかったのだ汗

食事をした後も、特に変わりはなかった。


夕食は、にゅう麺にした。麺ばっかりかい・・・えへへ…

それと、サンマの塩焼き。

これは、「新物」と書いてあったので、飛びついて買ったのだった。

でもこれも4分の1も食べていないくらい。

にゅう麺も、通常の4分の1くらいかなあ。


今のところ何も変わらない。

皮膚瘻が開かないことを祈るのみだキラキラ


しばらくは、この状態で少しずつ食事を採って行こうと思う。

ある程度食べても平気だったら、夜間のエレンを5包→4包に戻す予定。

うまく調整できるといいなあ・・・・くま


とりあえず心がけていることは、絶対にお腹いっぱいになるまで食べないことビックリマーク

腹8分目どころか、6分目くらいでやめるようにしている。

だから、すぐにお腹がすくんだけどねじゅる・・

でも、完全絶食よりも、ちょっとでも何かをお腹に入れているほうが、体のダルさがマシなんだよねぺこ