TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年08月
ARCHIVE ≫ 2009年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2009年08月  | 翌月 ≫

新しい日本

大差で、民主党の勝利でしたね。

今回は民主党有利とは思っていたけど、こんなに大差がつくなんて、正直驚きました汗

ちなみに、私は自民にも民主にも投票していませんくま

民主党がいいから投票・・・・というよりは、自民があんな状態で他に入れるところがないから民主に入れた・・・って人が多い感じがしますが汗


さて、民主党がどこまでやれるのか。

とくと拝見させてもらいましょうかくま



ところで、昨日は主人も選挙事務のため、朝早くから夜遅くまで仕事でした。

私も2年前までは市役所職員だったので、何度も選挙事務を経験しています。


一番最初に投票される人には、投票箱の中を確認していただくようになっています。

中には何にも入っていませんよ・・・という確認です。

確認後、投票箱にはカギをかけ、開けられない状態にします。


夜の8時で投票終了した後は、速やかに開票を行う会場へ投票箱を運び、残った職員で投票場の片付け等をします。

今回は、主人は投票事務と開票事務と両方当たっていたので、家に帰ってきたのは0時を回っていましたくま


とりあえず、これで主人もやっと夏季休暇を取れそうですあせる



レミケード 8回目

昨日は、レミケードでした。

もう8回目になるんだねー・・・・。


いつものように最初に採血室へ。

この直前にクリニックで採血されて、3回刺されていたので、技師さんもどこからとるか迷ってましたあせる


このあとレミケードの点滴があるので、点滴できる血管を残してくれれば、どこを刺してもらってもかまわないと言いました。

結局、手の甲で1回で成功ビックリマーク

手の甲でも外す人は外すので、ちょっと安心したよ。


採血の結果が出るまで、地下の食堂で早めのランチを済ませた。


それから、内視鏡室へ。

しばらくすると先生が出てきて、手招きされたsei


中へ入るなり、



「元気~~?

食べてる~?」



と。



「はあ・・・・汗

まあ、元気は元気ですけど・・・。

下血して、皮膚瘻も開いてますけどくま



といった。



「えっ!いつ開いたん?」


「先週です」


「やっぱり、薬が切れようってことなんかなあ」


「さあ、そうなんですかねえ」



下血に関しても、いつも生理の直前というのがわからないみたいだった。



「アルブミンが、今回3.9やった。

いつも4超えてるのに。

まあ低いっていうても、クローンにしては上出来なんやけどな。

いつもより低いから、食べてないんかと思ったんや。

貧血もないし、血沈も問題ないけどね。

皮膚瘻開いても、CRPは0.15やし大したことないな」



と。

アルブミンが4切ったのは久しぶりかも。

でも他はまあまあだった。


その後、病歴の長い人の大腸がんのリスクの話や、レミケードで悪性リンパ腫等が増えてきてたニュースの件も聞いてみたけど、どちらも先生は知らなかったみたい。


大腸がんリスクは、この前ブログに書いた友達の話だけど、病歴が長いからオペで摘出して永久ストーマに・・・・って言われた」ことを話すと、



「その人は、もっと大事なことが抜けてるんちゃうかな?

病歴が長いってだけで、摘出って言われることがよくわからんわ。

病歴が長いことと、摘出ってことの間に、もっと大事な部分がなんか抜けてるんちゃう?

要するに、摘出しとかなあかん理由があるんちゃうかなあ」



だそうです。

でも、彼女は今とても落ち着いているし、エレンもやらずに普通食食べてるくらいなのに、他に理由があるとは思えないんだけどね。


そんな話をしつつ、その後化学療法室へ移動。


右手はすでに4か所刺されていたので、迷わず左でお願いした。


針を刺す瞬間、



「あ、そうやっビックリマーク

大丈夫やったんかー!?


と急に言われ、ちょっとビビるあせる


「えっ、何がですか?あせる


「大雨、すごかったんやろ!?

家大丈夫やった!?

被害出てへんか!?



と。

この間佐用町に被害をもたらした豪雨のことみたいだった。


先生は、もともとこの辺の土地の人ではないので、佐用町と私の住んでいる町がどれくらい離れているかもよくわかっていないのだった。



「大丈夫ですよ。

市役所職員は徹夜で大変だったんですけどね」


「そうなんかー」


「それより、●●町からうちの町まで、牛が流れてきたんですよっビックリマーク

それがすごくないですか?

・・・・あ。

先生、●●町とうちの町がどれくらい離れてるのかわかってます?」


「ごめん、わからへん汗


と。

ビミョーに話がかみ合わないのでしたくま汗

でも心配してくださっていたようで、ありがたかったですラブラブ



その後は、何事もなくレミケ終了。

病院を出たのは16時でした。


帰りに薬局へ薬をとりに行くと、薬剤師さんが


「くまっこさん、今回もペンタサいらないんですか?汗


と。


なぬー!?クマ


・・・・。

またやられましたあせる


前回も薬の処方日数が間違ってたけど、今回はペンタサ処方されてなかった汗

毎回、処方箋が出たらちゃんと見ないとダメだねドクロ


結局、薬剤師さんが先生に電話してくれて、無事処方されましたくすり。



採血結果(主なものだけ)


赤血球         411     

白血球        5100     

ヘモグロビン     12.7

ヘマトクリット     36.6%

CRP          0.15

アルブミン       3.9

GOT           50  

GPT           74  

T-CHO        134 


衝撃!

今日、クローン病の友達から電話があって、話してました。

友達と言っても、私よりも14歳も年上くま汗


以前も書いたことあると思うんだけど、彼女は51歳で2児のママです。

クローン病歴は30年にもなるけれど、一度も腸管切除のオペは受けていません。

痔瘻のために小腸ストーマを作っています。


そんな彼女ですが、もう2~3年くらいエレンタールを全くやっていなくて、普通にご飯を食べているそうです。

普通に・・・・ってところが大事なんですけど。

普通って、普通の健康な人と変わらない食事なんですよ。

もちろん揚げ物とかお肉も食べているって!


でも、元気なんですよ~ビックリマーク


年齢と共に病気が落ち着いてくるとは言うけれど、ここまで落ち着いている人に会ったことがないのでビックリですクマ

彼女はもともと大腸に病変があって、小腸はきれいなんだそうです。

だから、栄養の吸収もいいらしくて、エレンをやっていないにも関わらず、どんどん太って困るんだとかクマ

エレンもレミケもやっていないのに太るってことは、本当に調子がいいんだろうね。

外来も、3カ月に1度になっているそうです。


同じクローン病でも、人によって症状は本当に違いますよね。

何をやっても悪くなる人もいるし。

年をとると病気も落ち着くというのが一般論ですが、逆に年をとってから発病した人にも会ったことがあります。

本当に不思議な病気だよね・・・・。


そういう私も、20代と30代では明らかに病気の勢いも違うような気がします。

まあ、真面目にエレンをやっているのとレミケのせいもあるんだろうけどね。

20代は、何やってもダメな時期があったな~~と思い出しました。


完治は無理でも、悪化することなく今のまま行けたらいいなと思います。

もちろんエレンは真面目に続けるので。


ところで、彼女は病歴30年にもなるので、主治医が大腸癌の心配をされているそうです。

ストーマ歴もかなり長いのですが、大腸ファイバーも何年もやっていないのだとか。

病歴が長くなると癌化の心配もあるそうなので、この際大腸をとってしまって永久ストーマに・・・ということなんだそうです。

でも、今特に具合が悪いわけでもないのに、オペに踏み切るのは勇気がいるよね。

いまいち踏み切れない気持ちはよくわかります。←私のステントと同じだ汗

いつか決断しないといけないけどね。


私は、大腸は直腸しか残っていないんだけど、私もいつか直腸癌になるんじゃないか・・・・っていう不安はあります汗

たまに下血もしてるしね・・・・。

今週レミケードなので、先生にも相談してみようと思います。

下血&皮膚瘻

昨日の夜、2か月振りに下血しました血

いつも、生理が始まる1~2日前に下血するんですけど、先月は下血しなかった。

よかった~と思っていたら、今月は下血・・・。

それに、生理が始めるまでにはまだ数日あるので、いつもと違う感じかなあ。


下血といっても、大量にドバーと出るのとはちょっと違うんだけどね。

1日くらいで止まるし。

でも使っていない腸管から出血するっていうのが納得できない汗

痛みもまったくないし、貧血とも無縁なのが救いです。



それから、昨日皮膚瘻が決壊しましたくま

もうレミケードが切れるころなんですよね。

やっぱり、レミケードが効いている間だけ塞がっているって感じなんですかね。


28日(金)にレミケード投与なんだけど、投与1~2週間前くらいからいつも皮膚瘻の様子が変わってきます。

でも、痛みもないし熱も出ないし、ただ患部が腫れあがってくるだけです。

それで自然破裂してしぼんでいく・・・という感じ。


レミケードも効かなくなってきたら、皮膚瘻も塞がらなくなるんだろうなあ・・・・。

それまでになんとか妊娠&出産できれば、その後思い切って完治のオペを受けたいなと思っているんですが。

なかなか思うようにはいかないですねくま



そういえば、また新型インフルエンザが猛威をふるっていますね。

5月のときのようなマスクパニックにならないといいですが。

予防接種のワクチンの数も圧倒的に足りないそうです。

足りない分は輸入に頼るそうですが、世界中でワクチンの奪いあいになりそう汗

クローン病のかたはもちろん、それ以外に基礎疾患をお持ちのかたも、ワクチン接種を受けたほうがいいですね。

夜の訪問者

先日、夜の22時半くらいにインターホンが鳴った・・・。


ピンポ~ン音譜


えっ!?

思わず時計を見る。

こんな時間に誰だよ・・・・くま


インターホンには、誰かが映っているようだけど、暗くてわからない。



「はい」


「あの、203の●●ですけど」



どうやら、お隣さんらしい。

びっくりさせないでよ~汗


とりあえず下へ降りて行ってドアを開けた。

お隣さんは、一人暮らしのかわいらしい女の子(20歳ラブラブ


要件は、リサイクル当番のことだった。



自治会の中にリサイクルゴミを出す場所があって、その当番が交代でまわってくるようになっています。

今日ポストにその当番表が入っていたんだけど、どうやら彼女が割り当てられた日が仕事のために、行けないというのだった。


彼女は、病院勤務なので夜勤もあるし、休日でも仕事の日があるようだった。



リサイクル当番の時間帯は、6時50分~8時まで。

私もエレンタールのチューブが入っている時間帯なので、いつも当番は主人が行ってくれている。


うちが当たったのは、9月23日(祝日)。

よりによってゆっくり眠れるお休みの日に当たってしまったので、主人もがっかりしていたのだったくま


彼女の当番は平日。

ラッキー音譜と思い、



「じゃあ、うちと変わる?」



と聞いてみたけど、なんとこの日も仕事でダメだという。


結局、うちの反対隣のお家が当たっている日ならいいというので、明日にでも頼んでみたら?と言った。



ところで、ちょっと気になっていたことを聞いてみた。



「ベランダに、蜂の巣ができたりしてない?」



と。


すると、なんと彼女のところも蜂の巣ができていたそうだクマ


やっぱりな~

うちだけじゃないよな~


と思いつつ聞いてみると、彼女は気づくのが遅かったらしく、なんと巣が直径10cmくらいまでになっていたそうだ。

結局、アパートの管理会社に連絡して駆除してもらったんだけど、その後もまた巣を作られたそうです。

なんども管理会社に電話したので、最後は



「蜂の巣退治用のスプレーを置いて帰りますから」


と言われたそうだくま

・・・・・要するに、自分でやれよってこと?



うちのアパートはかなり日当たりがいいので、やっぱり蜂にとってもいい物件なんでしょうねみつばち+*

あ、うちはその後蜂の姿もあまり見かけなくなりましたくま音譜



彼女はそのあと、



「あの~・・・、もうひとつ聞きたいんですけど。

リビングのクーラーって、何畳用のをつけてます?

12畳だから、それより大きい用のをつけないと冷えないよって電気屋さんに言われたんですけど・・・」



と言った。


彼女は、就職のためにこの春に引っ越してきたんだけど、なんといまだに全ての部屋にクーラーをつけていないというのだクマ

これには、私も主人もビックリビックリマーク


うちのアパートは2階建てなので、2階の部屋はかなり暑いのだった。

1日閉め切って出かけていると、夕方帰ってきたらとんでもないくらい部屋の中が暑い汗

そのかわり、冬は暖かいんだけどねくま



この状態で、よく生活できるな~とビックリして、夜はどうして寝ているのか聞いてみた。

そしたら、窓全開にしてるってドクロ


いくら2階とは言え、一人暮らしなんだし、窓全開は怖いだろ~って突っ込んでおきましたくま

今年はまだ、例年に比べれば涼しくてすごしやすい夏だったとは思うけど、それでもクーラーなしでこの夏を乗り切った彼女ってすごいですねあせる



そう、もう夏のピークは過ぎつつあるんです。


主人も、



「今頃クーラーって・・・。

もう夏終わってしまいよるで・・・・くま



と突っ込んでました。


なかなかおもしろい子ですね・・・・・くまあせる

練り製品づくし

先週、私の両親と姉夫婦、甥っ子の5人で旅行に行ってきました。

もちろん、わたしと主人も誘われたんだけど、その日は主人のお婆さんの初盆でお経をもらう日だったので、お断り。


行先は、伊豆方面。

湯河原温泉に泊ったそうです温泉まぁく


で、そのお土産を先日受け取ったんだけど・・・・



くまっこのクローン病日記-お土産

焼きちくわにかまぼこ、かく焼・・・・・。

ぜえ~んぶ、練り製品(笑)


形は違えど、味はさして変わらず。

なぜ、練り製品のオンパレード??


クローン病でも安全食品だからでしょうねくま汗

それにしても・・・。

どれかひとつでよかったのに。

ありがたい母心ですラブラブ


ちなみに、どれも賞味期限が同じくらい。

というわけで、今週は練り製品消費週間なのです(笑)


焼きちくわはすでに消費済み。

かまぼこは、お弁当にいれつつ消費中。


残るは・・・・。

かく焼。


これ、実は初めて見たんです目

要するに、でっかいかまぼこ見たいなもんですよね?

大きさは、小さめのマウスパッドくらい?

これどうやって使うんだろ?

やっぱり切って使うんだよね・・・・。

いろいろとメニューを思案中のくまっこでした。


退治再び!

昨日の蜂の巣騒動。

もうこれで終わりにしたいもんです・・・・クマ



昨日、晩ご飯を作りながら何度も外の様子を確認してました。

蜂の動きが止まる時間を見計らってたんだけど。


1匹だけ巣から離れて、壁に張り付いているのがいたんだよね。

まったく動かないわけでもなく、なんかモゾモゾ動いてる・・・・。


この蜂が巣まで戻ってくれたときに、一気に片付けようと待ってました。

ところが、まったく巣に帰る気配がな~い(笑)


とりあえず、巣をそ~っと見てみることに。

すると、巣にはとりあえず蜂はいない様子。

でもサッシの裏側に作っているので、巣穴の様子までは見られなかった。


とりあえず、壁に止まっている蜂からやるか・・・・。


蜂撃退のスプレーを取り出し、こわごわ噴射ビックリマーク

数秒で、ポトリと落ちたみつばち+*

落ちた蜂に向かってもう一度噴射。

これでOK。


次は、巣。

角度的に見えにくいんだけど、蜂はいない様子。

一気にスプレーを噴射。

何も変化がなかったので、やっぱり蜂はいなかったみたい。


くまっこのクローン病日記-巣

1日で、結構立派な巣になるんですねはち


この後は、巣を落とそうとするんだけど足元にクーラーの室外機があってうまく近寄れない。

しかたなく、最後は背伸びして割り箸でつまんで引きちぎりましたあせる

結構な粘着力で巣を作っているのか、なかなかとれなかったよ。


今回も、無事撤去終了ビックリマーク

もうこれで終わりにしてほしいです。

いたちごっこだよ・・・・。


さて、すべてを終えて晩ご飯の支度も終わったころに、主人が大きな棒を持って帰ってきましたクマ


「なにそれ?」


「これで巣を落とそうと思って・・・・」


う~ん、長すぎて狭いベランダではかえって使いにくそうくま

しかも、そこまで大きな巣じゃないしなああせる


でもありがとうねくまラブラブ

ショック!

さっき、蜂の巣退治終わったよって書いたばかりだけど、なんともう次の巣が!!


さきから、ベランダを飛ぶ数匹の蜂が気になってました。

巣を落とされた蜂は、巣のあった場所に戻ってきてしばらく飛びまわるけど、しばらくすると諦めて去っていく・・・・というのを聞いたことがあります。

だから、ちょっと戻ってきただけなのかな~って。


でも、何か気になる・・・・くま


ベランダに干していたタオルを取り込んで、シーツを日当たりのいい場所に移動させようかと思い、ベランダに出た。

そのとき、蜂が飛んできたみつばち+*


やっぱり何だかいやな予感・・・。

と思って、昨日巣があったサッシのところを見てみると・・・・・。


なんと、今度はサッシの上のほうに巣を作成中ビックリマーク

またサッシかよ・・・・くま

どんだけサッシ好きなんだ(笑)


というよりも、また巣を作られ始めていることがかなりショックくま


くっそ~~~、蜂のヤツめ~~~!!クマ


というわけで、また今夜蜂退治です汗

退治!

昨日、あれから夕方になるのを待って、蜂の巣退治を行いましたみつばち+*


主人に事情を説明し、一緒に巣を確認。


相変わらず、巣の周りには蜂が数匹群がっている。

朝顔のところにも蜂がいるし、窓の上にも蜂がいる。


分散しているうちは攻撃すると危険なので、蜂が一か所に集まるまでしばし我慢。


先に洗濯物を取り込んだんだけど、巣作りで気が立っているのか、こちらへ飛んでくるあせる

洗濯物を干すときも、本当に毎日怖いんですよ。



夕方近くになって、だんだん蜂の動きが緩慢になってくるのを見計らい、主人が蜂退治用のスプレーをかけてくれました。

強力噴射なので、一発で終了ビックリマーク

数匹は逃げていったそうだけど、戻ってくる気配もなかったので、よしとしました。



くまっこのクローン病日記-巣

ちょっと見にくいけど、これが巣です。

小さいけど、もう巣の格好をしていますよね。


その後、主人が蜂の巣を落としてくれました。

というわけで、無事に終了ですくま

かわいそうだけど、もっと違う場所に巣作りしてほしいものです。

やられた!

昨日、蜂のことを書いたばかりなんですけど・・・。

なんと、ついに巣作りを始められてしまいましたクマ

しかも、サッシに(笑)


こんな不安定な場所に作るなよー汗



くまっこのクローン病日記-蜂の巣

写真を撮ろうと近づくと攻撃されそうなので、この距離が精一杯あせる

サッシについている黒い固まりが、巣と蜂です。

まだとても小さい巣で、今朝から作り始めたんですかね・・・。


ここ何日もずっと蜂が飛び回っていたのは、巣作りできる場所を探していたんでしょうか?

それにしても、こんな時期に巣を作るの?

私の中では、春先に巣を作るってイメージだったんだけど。


とにかく、日中は蜂がかなり活発に飛び回っています。

巣には2~3匹が止まっていて、せっせと巣を作成中。

その下に1匹と、左側に1匹いますが、これ以外にも上のほうにも1匹(見張り番か?)、それから常に飛び回っている蜂(巡回係か?)もいて、数が多い・・・。


日中はかなり危険なので、夕方になって活動が止む時間帯を狙って、退治ですビックリマーク


くまっこのクローン病日記-スプレー

主人が買ってきてくれた、これで・・・・くま

こ、こわっあせる


それにしても、かわいそうだとか情が移るとかバカなこと言ってないで、さっさと退治しときゃよかったねくま

洗濯物も干しにくいし(ちゃっかり干してるけど)、このままにはしとけないよ。

いざ、今夜決行ですグー