TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年05月
ARCHIVE ≫ 2012年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

モッコウバラ

4月のブログで、実家にあるモッコウバラの株を分けてもらってきた話を書いたんですが。

もう咲く直前だったので、たくさんの蕾をつけていたのに、植え替えたことで全部しおれちゃって・・・くま


結局、蕾がついていた枝も全部短く切り落としたんですよね。

株(根っこ)のことを考えたら、しおれてしまった枝がないほうがいいので。


このままうまく根付いてくれるといいけど、枯れちゃうんじゃないかなーってずっと心配してました。

実家の母は、



「大丈夫。

モッコウバラは強いから」



ってずっと言ってたけど、半信半疑だったんですよね。


ところが!!

新しい葉っぱが出てきているのを発見しました目



くまっこのクローン病日記-モッコウバラ


くまっこのクローン病日記-モッコウバラ

もう、感動ですくまラブラブ

短く切り落として、葉っぱも何もない枝だけの状態だったのに、ちゃんと葉っぱが出てきました。

どうやら、無事に根付いてくれたようですクラッカー


モッコウバラは強い・・・・は、本当でした!

これで、来年か再来年にはかわいい花をつけてくれると思います音譜



ちなみに、短く切り落とした枝も挿し木にしてみたんですが、それからも葉っぱが出ていましたクマ

挿し木も成功ですチョキ

レミケード 27回目

一昨日、レミケードを打ってきました。

もう、レミケードも27回目なんですね。

今年の10月で、投与を始めてまる4年かな?



さて、いつものように9時に病院について採血。

・・・・と思ったら、先生が採血のオーダーをし忘れていて、しばし待たされる。

内視鏡室で処置に入っているようで、すぐにはオーダーしてもらえず、しばらく待ってました。


その後、採血。

今日は1回で採れました。珍しい。



今日は、クローン病の友達とたまたま同じ日にレミケードがあたったので、採血が終わったら待ち合わせしていました。

彼女も採血を済ませて、地下の食堂へ。

モーニングを食べつつ、いろんな話をしてました。

彼女は数日前にうちに遊びにきていたんだけど、そのときもあまり具合がよくなかったんですよね。

この日も、体調は変わらず。

エレンも入らないと言ってました・・・。



その後、内視鏡室で診察。


東京での話をして、6月4日から入院することを伝えました。

皮膚瘻は1週間前から腫れて、今は開いています。

開いたと同時にシプロキサンを飲み始めるので、腫れが引くのも早いです。



その後、レミケード。

何事もなく終了。



彼女のほうは、お腹のレントゲンを撮ってもらっていました。

ガスがかなり溜まっているようでした。

あとは、関節が痛いと言ってました。



昨日メールが来たんですが、お腹の張りもマシになり、関節の痛みも治まったとか。

やっぱりレミケードが効いているんだろうね、という話に。

私は関節が痛くなったことがないのでわからないけど、クローン患者さんで関節に症状が出る人ってやっぱりいるんだなと思ったよ。



次回の予約は入れず。

東京での入院がいつまでになるかわからないので・・・。

でも、7週後のレミケードの予約だけ入れてもらいました。

もしもそのときもまだ入院中のときは、レミケードキャンセルの電話を入れることになっています。




採血結果(主なものだけ)


赤血球         424     

白血球        4900     

ヘモグロビン     12.3

ヘマトクリット     38.5%

CRP          0..82 H 

アルブミン       3.5 L

GOT           38  

GPT           57  

T-CHO        125

マイページ

今さらだけど・・・・。

アメブロのマイページが変わりましたよね?


とってもわかりにくいというか、使いにくいんですけどくまあせる

私だけ?


よく見るブロガーさんのブログをいくつか登録しているんですが、そのブロガーさんが更新されたら、一番上に出てきますよね?

だから、上に出ているブログからチェックしていくんですが・・・。



毎日更新されているブロガーさんのブログが、ちっとも上に上がってこないんですよ。

更新されたら、更新してからの時間がでますよね?

「1時間」とか「3日前」とか。


そこを見て、自分がすでに読んだブログ内容かどうかを確認していたんですが・・・。


毎日更新されているブロガーさんのブログは、最終更新が「8日前」になったまま。

8日間も更新されていないなんて何かあったのかと思って、そのブロガーさんのブログを開いて見たら・・・・・。

毎日更新されてました汗

なのに、どうしてマイページにはそれが出てこないんだろう?


更新されたら、ちゃんと上に上がってくる人と、そうでない人のブログは何が違うんだろう?

ちなみに、アメンバー記事とかではありません。

アメンバーでなくても読める記事なのに・・・・です。


使い勝手が悪いので、前のマイページに戻してもらいたいわー。

感動

先週、お家を建てていただいた工務店から電話があって、12日(土)に行ってきました。

お家が出来てからは、なかなか行くことがなかったので、なんだか懐かしい感じくまラブラブ



「本当はもっと早くやるはずだったんですけど・・・・。

遅くなってすみません!」



と。

何だろうと思っていたら・・・・・。

DVDを上映映画


工務店の手作りDVDで、地鎮祭から、上棟の日、工事の様子、事務所での打ち合わせ風景、引き渡しの日・・・・。

家づくりに関する今までの流れの全てをまとめてくださってました。



もう、上映が始まってすぐから私は涙・涙・・・・。

工務店の人たちの心遣いも嬉しかったし、何より、家が出来て行く様子を見るといろんな事を思い出してねくまラブラブ

もう、本当に感動しましたクラッカー

音楽も、何でこの選曲?と思うくらい私と主人の好きな曲ばかりでした音譜

そう言えば、打ち合わせのときに何となく好きなアーティストと曲の話になったことがあったっけ。

あれは、このときのためのリサーチだったんですねくま



このDVDとは別に、1冊のアルバムもいただきました。

このアルバムにも、今までの打ち合わせ風景とか、上棟の様子とか・・・。

引き渡しの日までの写真が、きちんと納められていましたキラキラ

最後には、スタッフ一人ひとりからのメッセージまで。


とにかく、信じられないくらいの量の写真を撮ってくださっていたようで、アルバムに貼りきれないデータをCDに落として、それもくださいました。



そして、私たちの家をスケッチしてくださったものを、額に入れてプレゼントしてくださいました。

そのスケッチ画を使って「引越しました」のお知らせハガキも100枚作ってくださっていました。


くまっこのクローン病日記-引越ハガキ


新居で暮らし始めて、3ヵ月弱。

本当はもっと早くするはずだったそうですが、「遅くなって、本当にすみませんあせる」と言われました。


でも、最近この工務店は凄い人気で、次々と新しいお客さんがお家を建てられ、本当に忙しそうだったんです。

その気持ちが本当に嬉しかったので、感謝の気持ちでいっぱいでしたくまラブラブ



「これからが本当に長いお付き合いになるので、何かあったらすぐに言ってくださいね」



と言われました。

壁のクロスですが、ホルムアルデヒド等の心配がない体に優しいもので貼っているので、どうしてもしばらくするとクロスが浮いてくるような箇所も出て来るそうです。

そのときはすぐに貼り直しますとのことでした。


あと、上下に上げ下げする窓は、しばらくすると窓を上げても自然に下がってくることがあるそうです。

それも、窓のネジを左右同時に締めることですぐに直るそうなので、いつでも言ってくださいとのことでした。

半年すると、一度家の中の点検に来てくださるとのことでしたくまラブラブ



本当に、この工務店にお願いして正解でした。

いいスタッフに恵まれて、最高の家づくりが出来たと思います。

本当に、工務店には感謝でいっぱいですクラッカー

行ってきました

昨日、東京の病院に日帰りで行ってきました。

疲れた~あせる

日帰りをなめちゃいけないですね(笑)

ずっと座りっぱなしで腰が痛いですくま



朝4時に起きて、5時過ぎに家を出て、6時ちょうどの新幹線に乗りました。

9時くらいに東京に着くやつです。

一つ手前の品川で下りて、山手線へ乗り換え。


これが、しんどかったあせる

新幹線から山手線までの移動が、通勤ラッシュ時と重なってかなりの人・人・人ドクロ

人並みをかき分けながら、なんとかホームに到着。

電車の中も激混みで、本当に大変でした。

東京に住んでいる人って凄いね。

私には無理だな~くま



病院には9時半頃着きました。

先生との約束は10時。

受付を済ませて待っていると、いかにもIBD?って感じの色白で頬がこけていてガリガリの男性が紹介状を持って受付されてました。


「この人もIBDなんだろうな」


と思って見てました。



しばらく待って、10時半を過ぎたあたりでようやく呼ばれました。



「元気そうやね」



って言われて、



「はい、ご無沙汰しています」



と返事。



今回の診察の目的は2つ。



一つは、今年に入って2度イレウスを起こしているので、その件について。

検査をしないといけないと思うので、短期入院しないとねと思っていました。



二つめは、婦人科について。

これについてはアメンバー記事には詳しく書いているんですが、婦人科系でオペが必要な状態になっています。

正確には、やらなくても一生困らないオペなんですが、妊娠を希望するならやらないと授かれないオペです。


でも、将来的にクローン病でまたいつか開腹する日がくると思っているので(できればやりたくないけどね)、クローン以外でむやみに開腹をするのはどうなのか・・・とためらっています。


これが30代なら・・・。

せめて38歳くらいまでだったら、オペしていたと思うけど、やっぱり40歳という年齢が私を迷わせていました。

オペしたからといって授かれる保証はないし。

でもオペしないと絶対に授かれない・・・という状態です。



とりあえず、入院予約をしてきました。

入院して、イレウスの検査もして、婦人科の問題もクリアにして、退院できたらと思っています。

入院は来月の予定です。

遠いけど、行ってよかったな。



婦人科系の話については、アメンバー記事にまた書きたいと思います。

こわっ!

この間、てくてくと歩いて実家へ行く途中、自治会館の駐車場のブロック塀が、えらいことになってましたクマ



くまっこのクローン病日記-ブロック塀

反対側から見ると・・・・



くまっこのクローン病日記-ブロック塀

こわっくま

根元の部分から思いっきり傾いてます・・・・。


多分、駐車場に停めていた人が車をあてたか何かだろうと思っていたんですが、車止めがあるのになぜ?



そんなことを考えつつ、実家へ。


母に、



「自治会館、えらいことなってるな~」



って言ったら、



「え?何かあったん?」



と。

上記の写真を見せると、母もビックリクマ

この自治会館とは目と鼻の先に実家があるんですが、父も母も何も知らないとか。

でも、昨日の夜はこんなことなってなかったって言ってました。



その後、お隣のおばさんが来られたので、



「自治会館のブロック塀、いつからですか?」



って聞きました。

このおばさんちは、ブロック塀の斜め向かい側なんです。



そしたら、



「今朝よ~汗



と。

しかも、このおばさんの友達らしい汗


なんでも、アクセルとブレーキを踏み間違えたんだとか。

よくある話ですが、怖いですドクロ


でも、車止めがあるのにそれを乗り越えるってどんだけ!?

60~70代の人だと思うけど、体も車も無事だったって言ってました。

あれだけなぎ倒してるのに、車が無事なハズないと思うんですけど・・・。



その後、お昼ごろにブルドーザーの音が・・・。

見てみると、即効取り壊しされてました。

当然だよね。

危ないもん・・・・。


もともと、このブロック塀は老朽化していたと思うので、いい機会だったんじゃないかなくま汗

ちなみに、今度はブロック塀じゃなくてフェンスになるそうです。

そのほうがいいよ。

外来日

昨日は、クローンの外来日でした。


診察室に入ると先生から、



「昨日退院したんやね~」



と。

イレウスになった経緯と状態を話しました。

2月にも同じような感じになっているし、「何でやろう」って先生は凄く悩んでましたあせる



そこで、ずっと考えていた話を先生にしました。

1つめは、婦人科系の話なので、またアメンバー記事に書きたいと思います。

2つめは、小腸造影の検査も兼ねて、一度東京の病院に相談に行きたい・・・と話しました。


先生も、一度狭窄の有無を確認しておいたほうがいいという考えだったので、東京の病院の診察を受けることにしました。

その病院には産婦人科もあるので(うちの病院の産婦人科は数年前に閉鎖されました)、1つめの問題もそこの産婦人科で相談することに。



「いつ東京にに行こうと思ってるの?」



と言われたので、



「本当はこの水曜日にでも行きたかったんですが、イレウスになって今エレンのみの絶食中で体がしんどいので、食事を始めてからのほうがいいかなと思います。

3日くらいはエレンで頑張りたいので、東京へは来週中かなあ・・・」



と返事。



「じゃ、紹介状を書いておくわ。

今日書くから、明日以降ならいつでも取りにきて」



と。

婦人科系の話を詳しくここで書いていないのでわかりにくいと思いますが、私が先生に相談したのは長い長い話でしたあせる

口頭で説明するのはできるんですが、これを文章にまとめるとなると、結構面倒というか大変だと思います。



「先生、ややこしい話なのにすみませんあせるわかりにくいですよね?」



「いやいや、よくわかるよ。話の内容は凄くよくわかった。

大丈夫。ちゃんと書いておくからね」



と。


東京の診察予約は、地域連携室がやってくれることになりました。

患者さんの多い先生なので、いつもは診察時間も短いんだけど、今日は患者さんが多いにもかかわらず、じっくり話を聞いてくれました。

やっぱりいい先生だな~って久々に実感したよくま



家に帰ったら、病院の地域連携室から電話がありました。



もう17時を過ぎているので病院には電話が繋がらず、明日予約を取るとのことで、東京に行くのに都合のいい日を聞かれました。

なので、来週中でお願いしました。

先生の紹介状が出来次第、またお電話してくださるそうです。



ところで。

この土日のイレウス入院ですが、アルブミンは3.2でした。

ポンプがおかしくて、エレンタールが入っていなかったことを説明すると、先生も納得。

CRPは0.93。

イレウスではCRPはそんなに上がらないので、これも納得です。


来週、東京の診察を受けてきます。

久々の上京だよ~新幹線・・・って、遊びに行くならいいんだけどねくまあせる

久しぶりの入院

前回からの続きです。




久しぶりに入院を決めたものの、何とかして帰れないかな~と往生際の悪いことを考えてました(笑)

その反面、入院の用意をしないといけない主人に、持ってきてもらいたいものをお願いする。

主人は、入院の手続きをしてくれたり、持ってくる物を携帯にメモしたり・・・。

緊急入院が多い私は、よくこういうことがあるんですが、主人も慣れている様子。

こんなことに慣れさせてしまって、申し訳ないな~と自己嫌悪くま



この間にも、次々と患者さんがやってきます。

私がベッドで休んでいた2時間の間、隣のベッドは人が3人変わりましたあせる


救急車も到着して、となりの処置室では



「いつから?ここどこかわかる?」



って呼びかける医師の声がまる聞こえ。

本当に医師って大変な仕事だな~と思いつつ、痛みに耐えてました。

その後、側管からようやくブスコパンを入れてもらい、入院する病棟へ移動しました。



いつもは消化器内科病棟はいっぱいで、他の病棟に入ることが多かったんですが、珍しく消化器内科病棟へ。

4人部屋で2人入られている部屋に案内されました。

窓際です。



3年ぶりの入院だったので、「床頭台が変わってる!」とか「冷蔵庫が一人ひとりについてる!」とか、「テレビが変わってる!」とか、小さな驚きがありましたあせる

テレビは、テレビカードを買って見るんですが、そのテレビカードも入院申込書に1枚ついていました。

「このカードは2時間程度しか見られませんが、よかったら使ってください」と書いてありました。


久々に入院すると、いろんな事が変わっていて驚きますねクマ



さて、その後主人はナースステーションへ連れて行かれ、私の今までの病歴とか聞かれたようです。

私は、ブスコパンを打って貰って1時間もするとまた痛みが出てきたんですが、4時間あけないと次のが打てないそうなので、ひたすら耐えてましたあせる



聞き取りを終えて主人が戻ってきたのは・・・・何時くらいだったんだろう?

23時くらいだったのかな?


「また明日、入院の用意をしてくるね」



と行って、帰って行きました。

今から帰って晩ご飯を食べて、お風呂入って寝ると遅くなるな・・・と申し訳ない気持ちでいっぱい。

本当にごめんねくま



その後、私も寝ようと思ってトイレに行ったんですが、ウトウトしかけると痛みが・・・の繰り返し。

4時間後にはブスコパンを打ってもらえるので、1時までの我慢だと思いつつ、頑張って寝ようとしました。


そしたら、ストーマのパウチに内容物が出たような感覚があったんですよね。

でもようやくウトウトできそうだったので、ちょっとだけ眠りました。

1時間ほど経ったころ、目が覚めるとパウチがパンパンあせる


でもこれで、「通過した!帰れる!」と確信。

トイレに行って、内容物を捨てました。

何が詰まっていたのかはわからないけど、ようやく通過してくれたようです。

その後、嘘のようにあの差し込むようなキリキリとした強い痛みはなくなりましたクラッカー



明日、絶対退院するぞ~と思いつつ、ウトウト眠りました。

この時で、1時くらいだったと思います。



翌朝、6時前に目が覚めました。

相変わらず、痛みはないです。

看護師さんも、夜中にブスコパンに呼ばれなかったので不思議に思っていたようです。


事情を話して、退院したいと伝えると、当直医に伝えてくれました。



9時過ぎに、昨日の当直医の呼吸器内科の先生が来てくださって、退院許可がでましたクラッカー

昨日病院に来たときは、お腹もパンパンだったのですが、このときはかなりお腹も柔らかくなっていて、痛みもなかったので。


主人が11時半頃に迎えに来てくれて、退院しましたくまラブラブ

1日で帰れて、本当によかったですクラッカー


帰ってからは、エレンタールを2包入れました。

濃度を薄めて、速度を落として入れたけど、痛みが出なかったのでOKです。

やっぱりエレンタールを入れると、体がしっかりします。

ダルくて何もできなかったけど、エレンタールを入れると結構動けました。



夜間はエレンタール4包入れました。

これも、何事もなく終了ビックリマーク


しばらくは、エレンタールや水分のみで様子を見たいと思います。

ちなみに、今日は外来日なので、主治医に報告してきます(笑)

痛みが強まり、病院へ

前回からの続きです。



私は、痛みがあるために家でお留守番。

主人だけ、実家へ帰って行きました。

実家では部屋の整理をやっていたようで、タンスを動かしたいから来てほしいってずっと言われていたんですよね。

私はどうせ戦力にならないので(笑)、大人しく家で休んでいることにしたんですが。



義母はナースなので、かなり勘が鋭いんです!

いつもは絶対一緒に帰るのに、主人だけで帰ったら絶対に怪しまれるな~って思ってましたくま汗



主人が実家へ帰ったあとは、ひたすらリビングで痛みに耐えてました。

痛みは依然として胃のあたり。

午前中は、それでも1時間に1~2回くらいだったんですよね。

それなのに、このころは結構頻回に痛みが起きてました。



間違いない、絶対イレウスです。

ああ、お昼のお弁当食べるんじゃなかった・・・・。



と、一人後悔。


主人はタンスを動かした後、晩ご飯を食べて帰ってくると思うので、早くても21時くらいに帰ってくるかなあ・・・。

実家の父に電話して、病院に連れて行ってもらおうかなあ・・・・。



とか考えながら、痛みに耐えてました。


でも実家もうちと同じ自治会で、三世代交流に出ていたんですよね。

父は、ビールを飲んでました・・・。

こりゃ、運転無理だなと思って、この考えは却下。



そうこうしていると、18時頃に主人から「大丈夫か?」とメールが。


正直に、「ヤバいかも・・・」と返信すると、「まじで?あせるすぐ帰りますあせる」と返信。


実家からは車で10~15分くらいなので、すぐに帰って来てくれました。

それからは、ウンウン唸る私の横で、主人が病院に電話をかけて説明。


「慣れてるな~」と変に関心しながら痛みに耐えてましたくまあせる



その後、主人が「入院の準備して行くか?」と聞いてくれたけど、しんどくて用意する元気もなかったので、とりあえずこのまま病院へ行くことに。



病院には19時くらいに着きました。

救急外来のところには、患者さんがいっぱい待っていて、ビックリクマ

でも、明らかに痛みで歩けない私を見て、車いすですぐにベッドへ連れて行ってくださいました。



ベッドに横になると、当直の先生がきました。

名札を見ると、「呼吸器内科医」と。


「呼吸器内科医か~」と失礼なことを考えるくまっこでしたあせる



症状を聞かれて、イレウスだと思うことを話し、地下の放射線科でレントゲンを撮るように指示が出ました。

車いすを持ってきてくれた看護師さんが、私の顔を見るなり



「あ!!私、わかります!」


と。

誰かとおもいきや、過去にどこかの病棟で入院した時の副師長さんでした。

もう20年もこの病院に通っていて、何度も入退院しているので、いつどこの病棟で会ったのかは覚えてないけど、私もしっかり覚えてました。



「ご結婚されたのは聞いてました」って言われたので、随分前の入院時で一緒だったのかも。



さて、地下でなぜか胸のレントゲンと(呼吸器内科医だから?)、お腹のレントゲンを2枚撮り、診察室へ戻りました。

結果を見て、



「イレウスですね」



と。

そうですよね、そうだと思いますくま

とりあえず、ブスコパンを打ってほしかったんですが、血液検査結果が出るまでは打ってもらえなかった・・・。

採血の結果は、特に問題なかったようです。


「今お腹の中で何かが起きているというよりは、ちょっとイレウスになっている・・・というだけだと思うので、絶食して点滴管理になります。入院できますか?」



と。

入院はしたくなかったけど、このまま家に帰っても絶対すぐに舞い戻ってくるのはわかっているので、大人しく従うことにしました。

水分を口から採っても痛みが出るうちは、エレンタールも入れられないので、フラフラになるしね・・・。



続きます。

またイレウス・・・

な、な、なんと。

私、3年ぶりに入院してきましたくま汗

と言っても、1泊ですけど。



今年の2月14日。

忘れもしない、バレンタインデーの夜に、イレウス痛のために病院へ。

あのときは、「ああ、引越準備で忙しいときに入院か・・・」と困っていたら、病院へ着いてしばらくするとストーマのパウチに、詰まっていた内容物らしきものが出て痛みが軽減され・・・。



「帰ります!」



と、帰ってきたんですよねあせる

今回も、ほぼ同じ感じでした。



遡ること、5月4日。

この日の夜、私の両親と私と主人で、お好み焼きを食べに行きましたラブラブ

お好み焼き、大好きなんですよ~くまラブラブ


私はエビお好みを注文して、エビをあんまり食べずにほとんど父のお皿へエビを投げ込んでました(笑)

要するに、食べたのはお好み焼きの生地だけなんですよね。


それなのに、なぜ?


実は、危険なものを食べていましたくま

お好み焼きの中に、こんにゃくが入っていたんですよね・・・。

気付いたのは最後の方だったので、気付いてからはこんにゃくを除いたんですが、ほとんど食べたと思います。

こんにゃくの大きさは、直径5~7mmの真四角だったんですが、これもチリと積もれば・・・・ですよねクマ


しかも、父がビールのアテに頼んでいた砂ズリを・・・。

ちょっとだけ食べました汗

良く噛んだので、ほとんど消化できていると思うんですが。



まあ、一体何が原因かわからないけど、この日の夜、ベッドに入ったときに胃の辺りがキリキリと痛んだ。



いつもイレウスの時は、胃のキリキリから始まるので、



「え!?」


と思って、なんだか嫌な予感がしたんだけど、そのまま無理やり寝た。

夜中に何度かキリキリする痛みで目が覚めたけど、そのまま眠りました。



翌朝。


いつもなら、夜間にエレンタールを入れているため1度は必ずトイレに起きるのに、今日は一度も起きなかったな・・・・と不思議に思ってポンプを見ると・・・。



なんと、エレンタールが全く落ちてなくて、そっくりそのまま残ってましたクマ

実は、寝る前に何度もポンプのエラー音が鳴ったんですよね。

なんでエラーになるのかわからなくて、何度もセットし直した。

そのうち、エラー音が鳴らなくなったので、順調に落ちているんだと思って寝たのに・・・・。

空回り?してたというかそんな感じで、ポンプは動いていたんですが、全く落ちてませんでしたくま汗



まあ、仕方ないかと思って起きあがると、また胃の辺りがキリキリ・・・・。

これ、もしかしてイレウスかなあ、と嫌な予感。



5日のこの日は、自治会の交流会でした。

家のすぐ北側に神社があるんですが、この神社の中でお弁当を食べたり、ビンゴゲームをやったり・・・という三世代交流会がある日だったんです。


引越してきて初めての交流会だったし、痛みを感じるものの、出席しました。


お弁当を食べるかどうか迷ったけど、全く食べないわけにもいかず、ご飯を中心にちょっとだけ食べました。

イレウスの場合は、最初は胃の辺りがキリキリするけど、段々下に降りてきて、最後はお腹が痛くなるんですよね。

でもこの時はずっと胃だったので、イレウスではなく、胃が荒れているのか?と思ってました。

手持ちのタケプロンを飲んでみたりもしたけど、効果はなく・・・。



子供会では、焼き鳥を焼いたり、焼きそばを作ったりしていて、たくさん運ばれてくるんですが、全く食べられず。

さすがに、痛みがあるときに焼き鳥と焼きそばを食べる勇気はありませんでした(弁当も食べるなよって?)



交流会は14時にお開きになり、自宅に帰りました。

この日、交流会が終わったら主人の実家に行くことになっていました。

でも、痛みが強くなる感じがしたのと、昨晩のエレンタールが入っていない上に、お昼もほとんど食べていなくて、ダルさもあったので、私は実家に行かずに家で休むことにしました。



長くなったので、続きます。