TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2015年10月  | 翌月 ≫

レミケード 51回目

今日は8週に一度の通院日で、レミケードの日でした。

先週、腹痛・・・・とまでは言えないんだけど何となく腹部に違和感があった事を伝えました。
食事をすると痛むわけではないので、クローン病の症状ではない感じで、なんとなく胆石かな~と思っていたら、先生も

「気になるのは胆石やけど、違和感を感じた位置とは違うね」

と。
胆石があることはわかっているので、痛むことがあってもおかしくはないんですが・・・・。
クローンさんは胆石持ちの人多いですよね

取りあえず違和感を感じたのは2日間だけだったので、経過観察ということになりました。

レミケード自体は、いつも通り問題なく終了。
次回は年末になります。

そうそう、特定疾患の更新書類の診断書をもらってきました。
先生、相変わらず体重が違ってる
それだけじゃなく、今回は発病年が違っているんですけど・・・・
もっと言えば、オペ歴も違うし、オペした年も違ってる
いったい何見て書いたのってほど。

これ、訂正印もらいにまた病院行かないといけないのかなあ
このまま提出して、不備な点は直接県から病院へ問い合わせてくれないかなあ
保健所の担当者に相談してみるしかないですね。
それにしても・・・・。
毎回何かしら間違ってるんだけど、どうにかならんのか・・・・


採血結果

総淡白       7.7
アルブミン     4.1
A/G比       1.1 L
総ビリルビン    0.4
AST(GOT)     43 H
ALT(GPT)     50 H
LD          195
T-Cho       146
血糖          87
尿素窒素       14
クレアチニン    0.57
eGFR        89.7
Na           139 
K            4.1
Cl           102
CRP        0.05 
白血球数       5.9
赤血球数       454
血色素量      13.8
ヘマトクリット   40.9
MCV       90.1
MCH       30.4
MCHC      33.7
血小板数      28.9
赤沈30分法     3.0 
赤沈1時間値    8.0   
赤沈2時間値   22.0

衝撃!

今日、午前中に車を運転していたとき、鹿が車にぶつかってきました
白昼堂々と、道路を横切ろうと突進してきたのです

こんなこと書くと、どんだけ田舎なんだ・・・と思われそうですが
実際田舎なんですけど、でも決して鹿が突進してくるようなところじゃないんですよ~~~

道路はそこそこ混んでいたので、時速40km出てたかどうか・・・・という速度だったのですが、それが幸いしました

車を運転中、なんとなく視界の左の端っこに、鹿らしきものが入りました。

「え鹿

と思うのと同時に、鹿は道路を横切ってきて、ブレーキを踏むのと鹿が車にぶち当たるのが同時くらいでした

ドンっと衝撃があり、

鹿を轢いたと思ったら、鹿はそのまま道路を横切って行きました
その後を、躊躇しながら小鹿が後を追って行きました・・・・。

一瞬なにが起きたのかわからず
とりあえず、鹿は無事だったようで、あっという間にいなくなりました。

取りあえず車を別の場所に移動させて、見てみると・・・・・

DSC_9042.jpg

こんななってました(ノД`)・゜・。

確かに衝撃はあったけど、ここまで凹んでいるとは思わずビックリ

DSC_9043.jpg

バンパー

買い物に行く途中だったんだけど、買い物どころではなくなり、取りあえず車屋さんへ直行

車屋さんは、

「ああ~、これくらいで済んでよかったですね

と。
鹿は軽自動車くらいの重さがあるらしく、車の正面から当たっていると、エンジンまでやられることが多く、場合によっては即廃車のこともあるんだとか

私の場合は当たった場所がよかったらしく、ライトにもエンジンにも影響なくて、バンパーだけで済んだそうです。
取りあえず、その場で「元の状態に近いところまで復元します」とのことで、しばらく待ちました。

そして、またまたビックリ

DSC_9048.jpg

直ってるやんっ

ってくらい、元の状態にしてくださいました。
待っていたのはほんの数分ですよ?
車屋さんって凄いですねっ

よ~く見たら、ちょっとだけまだ凹んでいるんだけど、パッと見は全くわかりません。
でも、バンパーを取り替えた方がいいとは言われました。
しばらくはこのままでもいいけど、ちいさなヒビっぽいところから塗装が剥がれてきたりするそうです。
バンパーも仮留め?している状態なんだそうです。

とりあえずエンジンに問題はないので、今日はこのまま車に乗って帰ってきました。
また後日、改めてバンパーの取り替え修理をすることに。

痛い出費だけど、相手が鹿じゃ文句も言えないし。
そもそも、鹿は大丈夫だったんだろうか

「鹿は結構丈夫なので、これくらい当たってもなんともないですよ

と車屋さんは仰ってましたが、本当ですかね

鹿は、川がある方向からやってきて、山がある方向へ向かっていました。
多分、ここ最近晴天が続いているため、山に飲み水がなく、川まで飲みに来ていたんじゃないかな・・・と思います。
鹿がぶつかったとき、フロントガラスに水しぶきが飛び散ったんですよ
多分、川に入って水を飲んで、体が濡れていたんでしょうね。

普通、野生の鹿は警戒して夜中に行動すると思うんですが、白昼に飲みにいくほど喉が渇いていたのかな。
そう考えたら、なんだかかわいそうになってしまいました・・・。
鹿も命がけですよね

ビックリしたけど、私も車も、そして鹿も無事でした
不幸中の幸いでよかったです


~おまけ~

家に帰ると・・・・・

DSC_9050.jpg

「・・・・・遅かったやん」

とふて腐れたジャスさんが・・・・


カメムシとの戦い!

最近、カメムシが多くて困っています。
カメムシ・・・・うちの地方では、「ガイダ」と言います。

初めてガイダを知ったのは中1のとき。
教室のカーテンに大量のガイダがついていて、女子がみんなキャーキャー絶叫してて授業にならず、先生が怒った・・・・という思い出が
それまで、ガイダを見たことも聞いたこともなかった私。
そのとき初めて、異臭を放つ虫として嫌われていることを知ったのでした。

ここ数日とてもいいお天気が続いていて、日中も窓を開けています。
もちろん網戸は閉めているんですが、どこからともなくガイダが入りこんでいます

その都度、びくびくしながら外に逃がしていたんですが、キリがなくて。
仕方なく、ガムテープにくっつけて密閉して捨てるようになりました

この間も、日中6匹~7匹のガイダを追い出したり、ガムテで取ったり。
それなのに、夜になって窓を閉めているときに、どこからともなく飛んできました
この時、部屋の中をブンブン飛んでいて、ジャスは不安そうに見上げて、目で追っていました。
すると、す~っとケージのベッドへ行くジャスさん
飛んでいるガイダが怖かったようです

その後、壁にとまってるときにガムテで捕獲。
ジャスは恐々ケージから出て来て、まだ飛んでいないか、上を見上げてキョロキョロしていました。
ワイルドジャスさんなのに、意外な弱点発見です(笑)

DSC_9034.jpg

「一応、女子ですから

ちなみに、当然ベランダの洗濯物にもガイダが付いていることがあるので、取り入れるときにブンブン振り回してます
ベランダのサンダルの中にいたら怖いので、履く前にコンコンとして中身を落とそうとしているんですが、一度も入っていたことはないです。
ベランダには何匹かいるので、入っていてもおかしくないんですけどね。

今日はうっかりそのまま履いてしまいそうになって、慌てて一応コンコンしたら、1匹出て来て絶叫
肌寒い日にはいないので、やっぱり暖かい日には多いんですかね

ちなみに、ガイダの多い年は、冬は寒い・・・とか、雪が多い・・・とか言いますが、本当ですかね?
この家に住んで3年半ですが、家の中に入ってくるガイダと格闘したのは今年が初めてです。
でも例年だと、この時期は肌寒いので日中でも窓を開けていなかったかもしれないですね・・・。
なので、今年だけ多いのか、毎年こんなもんなのか、よくわかりませんが

テレビでは、今年は暖冬だと言っていたような気がします。
いずれにしても、来週から本格的に気温も下がるようですね。
風邪ひかないように、気をつけましょうね~

ジャスさんは、すでに冬用の洞穴ベッドで丸くなって、気持ちよさそうにしています

DSC_8916.jpg

乳がん検診

先週の金曜日、乳がん検診を受けてきました。
初めて検診を受けたのは、30代半ば頃。

20歳でクローン病になってから、もう数えきれないほど入退院を繰り返している私。
その都度、いろんな患者さんに出会ってきました。
外科で入院していたときは、乳がんの患者さんと同室になることも多く。
乳がん患者さんたちは、50代以上が圧倒的に多いですが、なかにはチラホラと30代の患者さんもいらっしゃったんですよね。
それが受診するきっかけになったのです。

何気なく受けた初めての検診で、いきなりひっかかってしまって。
結局乳がんではなかったものの、経過観察を兼ねて、半年に1度通っています。
マンモは1年に1度で、エコーは半年に1度受けています。
今回も何事もなく、終わりました。


気づけば、3年前のクローン病の大手術から、まる3年が経っていました。
ほんとにあっという間の3年だったけど、私にとってはもっとずいぶん前の事のような気がしています。

20代の頃は本当に病気の勢いが強くて、何をやってもダメだったし、働きながら入退院とオペを繰り返していたので、本当にしんどいことが多かったです。
それが、今は嘘のように元気になりました。
腹痛も全くないし、病気だということを忘れるくらいです。
食事制限も、昔に比べたらずいぶん緩くなりました。
それでも元気にしています。
夜間のエレンタールと飲み薬は欠かしていませんが。

でも、これが当たり前ではないと思っています。

クローン病の先輩で、私より10歳以上年上の女性患者さんがいらっしゃいました。
もともと腸管切除オペ歴はなく、小腸ストーマのオペを1度受けられただけです。
ストーマより下側の大腸も全て残していて、主治医からいずれは切除して永久ストーマにするように・・・・と言われていました。

それでも、体調がとてもよく、腹痛も全くなく、今の私のように元気だったのです。
主治医は、使っていない腸管の癌化を恐れて、頻繁にオペを勧められていましたが、元気なときには誰だって体にメスを入れることをためらいますよね・・・。
彼女もそうでした。

体調もよくて、もう飲み薬も飲んでいないし、エレンタールもやってないし、食事は普通に揚げ物とかお肉もたくさん食べている・・・・と言っていました。
「やっぱり、歳とると病気が落ち着くって本間やで~」とも。

そんな彼女から、ある日突然入院したとのメールが届いてビックリ。
やはり、残していた腸管が癌化したのです。
癌は、痔瘻癌でした。
痔瘻癌は悪性度が強く、予後のよくない癌だと聞いていましたが、彼女も3年ほどの闘病でこの世を去りました。
まだ50代でした。

私も、今自分が元気でいられることを「当たり前」だとは思っていません。
いつかまた、病気が悪化することだって十分考えられます。
クローン病とは、一生付き合っていかないといけないもんね。


20代の頃の、あの大変だった時期を乗り越えて、ここ数年ようやく落ち着いて元気な生活が出来るようになりました。

それを、とてもありがたいことだな、と。
幸せだな、と。
日々、そう感じています。

普通の人生を送って来ていたら気づけていなかった、些細なことがすべて幸せに感じられます

ご飯を食べても、お腹が痛くならないこと。
体力がついて、どこへ出かけても元気で楽しめること。
ジャスと毎日お散歩しながら、季節のちょっとした変化を感じられること。

本当に、幸せだな・・・・と感じています。

健康でいられることは、決して当たり前じゃない。
病気になって、初めてわかることもたくさんあります。
いろいろ大変なことも多かったけど、それでも今の私はとても幸せです
そんな日々に感謝して、生活しないとな・・・・と思っています

ジャスのためにも、ずっと元気でいないとね

めいちゃんを傷つけてしまいました・・・

前回からの続きです(本日二度目の更新です)


新西宮ヨットハーバーでガウガウした後は、敷地内にあるフリアンディーズさんでランチをいただきました。

22フリアンディーズ

テラス席はワンコOKで、ワンコメニューはないものの、ワンコ用のお水はサービスでいただけます。

23フリアンディーズ

この2人は仲良くまったり

お料理が運ばれてくると・・・・

24フリアンディーズ

テーブルの上をチェックするジャスさん
めいちゃんはカメラ目線で、かわいい笑顔です

とてもお天気がよくて、風もあって、美味しいランチをいただきながら、いろんなお話ができて楽しかったです
そんな幸福感が一気に壊れる出来事が・・・・

食事を終えて、お店を出ようとしたときに、またこの2人がガウガウ始めたんです。
でも、ガウガウっと一瞬で終わり、そのままお店を出ました。
ただ、ガウガウの後に、ちょっとした毛の束がハラリ・・・・と風に乗って飛んでいったのです。

もしかして、ジャスがめいちゃんを咬んでない

一抹の不安が脳裏をよぎり、チャルコさんにも確認しました。
でもそのときは、よくわからず。

その後、芝生の上で、またまたガウガウが始まりました

25西宮ヨットハーバー

↑この写真をみても、よくわからず(手前のお尻が見えている方がめいちゃんです)

26西宮ヨットハーバー

こんな感じでガウり合っては・・・・

27西宮ヨットハーバー

仲良く、休憩。

28西宮ヨットハーバー

またガウっては、

29西宮ヨットハーバー

休憩・・・・(めいちゃんは、草を食べてます)

これを繰り返していて、2人ともいたって普通でした。
でも、どうしてもさっきの毛束が気になり、チャルコさんに確認してもらうと・・・。

なんと、めいちゃんの尻尾の付け根辺りから血が滲んでいるのが見えました
信じたくないことだけど、明らかにジャスが咬んだのです。
とてもショックでした。
よりによって、めいちゃんを咬むなんて。
初めて会ったワンコではなく、何度か一緒に遊んでいためいちゃんを。

チャルコさんがその場で、かかりつけの獣医さんに電話をされると、時間外でしたが診察していただけるということに。
急いで、一緒に病院へ直行しました。

頭の中が真っ白になり、謝ることしかできない私。
とても歯がゆかったです

病院嫌いのめいちゃんは、診察台に上げられただけで絶叫。
ずっとなき叫んでいて、声を聞いているのが辛かったです

獣医さんは、とても優しい方でした。
傷口を確認していただくと、若干歯が当たっているとのこと。
でも、

「これは本気咬みじゃないよ。本気だったら、骨までいってるからね~」

と明るくフォローしてくださいました

でも、本気とか本気じゃないとかじゃなく、咬んだのは事実。
めいちゃん、チャルコさん、本当にゴメンなさい
いくら謝罪しても、したりないくらいです。

結局、傷口の周りの毛を刈られて消毒とお薬を塗られた?(私の位置からは見えませんでした)後、もしも化膿したときに備えて抗生物質の飲み薬が出されました。

多分大丈夫だとは思うけど、万が一傷口が腫れてくるようなことがあれば、中に膿が溜まっているので、その時は切開して排膿したほうがいいとのことでした。
腫れるなら、3日以内には腫れてくる・・・と言われていたので、その後チャルコさんにも確認しましたが、腫れてないし赤みもひいて来ている・・・・とのことでした。
先生は、「赤くなって、その後青タンみたいになって、治って行く」・・・・と仰っていました。

処置が終わって診察台から降ろされためいちゃんは元気でしたが、それでも申し訳なくて申し訳なくて。

今回のことは、本当に私たち夫婦の責任です。
ジャスも、ミニチュアダックスに咬まれた事があるので、咬まれた側の気持ちもとてもよくわかります。
それなのに、チャルコさんは私たちを気遣ってくださって、

「ほんとに気にしないでください!
また機会があったら、遊んでください💛
これで疎遠になる方が嫌なので」

と言ってくださいました
本当は怒り心頭だと思うのに、逆に気を遣わせてしまい、ますます申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
罵ってくださった方が、まだ気が楽です・・・・・
かわいいわが子を咬んだ相手とは、もう一緒に遊ばせたくないって思うのが普通だと思うのに。
優しいお言葉、本当にありがとうございました

これからは、リードをつけている状態のときは、今以上に気をつけないといけないと反省しました。

ランチにお誘いしたことが、かえってめいちゃんを傷つけることになってしまって、本当に申し訳なかったです

めいちゃんと再会💛

ここ数日、気持ちのいい秋晴れですね
昼間は本当に暑くって、本当に10月なのと思ったりしますが、朝晩はしっかり冷え込んでいます
寒暖差にやられないよう、気をつけねば

この土日は、地元のお祭りでした。
おとーさんも、もちろん出動。
土曜は消防の交通整理で、日曜は屋台を担いでました。
お疲れさま~

屋台

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-

さて、「シュシュさんでお泊り」・・・・の続きです。

シュシュさんで一晩お泊りしたジャスを、翌日11時頃にお迎えに行きました。

12シュシュ

私たちがいることを確認すると、この表情
いつもはそんなに甘えてくれないジャスも、さすがにキュンキュンないて喜んでくれました(*´ω`*)
こっそりジャスを嗅いでいるのは、めいちゃんです

13シュシュ

昨日のヘタレ具合がウソのように、すっかり馴染んでました

14めいちゃん

セクシーポーズのめいちゃん(*´ω`*)
この日、ランチをご一緒してくださるとのことで、チャルコさんがめいちゃんを連れて来てくださったのです

15シュシュ

ジャスも、久々に会うめいちゃんをクンカクンカ・・・・。
いったい、いつ以来会っていなかったんだろう?・・・・と調べてみたら、5月末以来でした

プレイルームを出てリードをつけるや否や、ガウガウが始まる2人・・・
さっきまで、フツーやったやん

このガウガウが、この後とんでもない事に発展するなんて、このときは思いもしませんでした・・・

16シュシュ

シュシュさんでは、お泊り後に「宿泊レポート」なるものをくださいます。

宿泊中の健康状態、食事の様子、排泄の様子まで。
本当に、安心して預けられます
先生方、お世話になりありがとうございました

さて、シュシュを後にして向かった先は、

17西宮ヨットハーバー

新西宮ヨットハーバーです。

18西宮ヨットハーバー

いきなりのガウリ合いを始める2人・・・・

19西宮ヨットハーバー

ジャスの顔、悪代官みたい

ジャスとめいちゃんは、いつも会うとガウリ合いになるんですが、決して相性がよくないわけではないと思います。
むしろ、めいちゃんとの遊びはガウガウなんだと思います。

20西宮ヨットハーバー

ガウガウが終わると、2人ともこんな風に普通にノンビリしているし。

21西宮ヨットハーバー

そ~っと嗅がれるジャスさん


長くなってしまったので、更に次回へ続きマス。

シュシュさんでお泊り

先日、大阪であったchageさんのライブに行くため、ジャスをシュシュさんでお泊りさせていただきました。
その前に、ランチで寄り道。

神戸北の坂ホテルの1Fにある、Candyさんです。

2ランチ

ここは、ワンコ店内OKというありがたいお店です
ドッグカフェというわけでもないと思うのですが、なんとワンコメニューまであるのです。

場所は・・・・とても狭い道でわかりにくいところにありました

1ランチ

店内はお客さんでいっぱいで、店員さんも忙しそうでした
片づけが終わるまで、しばし待ちました・・・。

3ランチ

ジャスさん、店内のいい香りに反応して、ちゃんとお座りで待っています(笑)

4ランチ

これが、ワンコメニューです。
照明の関係で、撮影する私の影が写りこんでいてすみません

ちゃんとリードを係留するフックもあり、驚きました。
これがあると、助かりますね~。

店内はそんなに広くはないので、ジャスさんも気を利かせたのか?机の下に入りこんでお座りしてくれていました。

5ランチ

おとーさんは、ハンバーグランチを。

6ランチ

私はパスタランチにしました。

7ランチ

このパスタは、鶏と水菜と白菜の和風パスタなんですが、とってもおいしくてビックリ
また食べたいお味でした

ジャスには、ワンコメニューからかぼちゃのパンをオーダー。
美味しく完食です

とても美味しいお店で、またぜひ再訪したいな~と思います。
ただ、店内が狭くてお客さんが多いので長居ができる雰囲気ではなく、食べたらお店を出る・・・・って感じですが。

ランチを済ませると、いよいよシュシュさんへ移動です。
30分ほどで到着しました。

8シュシュ

相変わらず、近寄られるとマズルに皺で、尻尾はダラリと下がるヘタレジャスさん・・・

9シュシュ

「おとーしゃん、おかーしゃん、どこか行くん?」

と不安気な表情を・・・(っω・`。)

10シュシュ

「ジャスも一緒に行くっ

というアピールを無視して、泣く泣く置いて行きました。゚(゚´Д`゚)゚。←大げさ

11シュシュ

明日のお昼前に迎えに来るからね~

と言い残し、後ろ髪引かれながらシュシュさんを後に。
いい子でお泊りできたかな?


続きます。


亀さんLOVE💛

今週、月曜~水曜と3日連続で、朝方ケージ内で黄色い胃液を吐いたジャス。
空腹すぎるせいかと思い、寝る前にも少量のフードを与えたりしてみました。
木・金と吐かなかったので安心していたら、今朝もお散歩前に少量の胃液を・・・・

すると、いつも読ませていただいているブロガーさんが、タイムリーな記事を書いてくださっていました→

急激な気温差が影響することもあるんですね。
ちょうどこの3連休の間に、リビングを夏から冬仕様に変えようと思っていたので、いい機会でした。

というわけで、今日はリビングを大掃除。

6リビング

夏用のラグを避けて、冬用のホットカーペットに変えます
左端に写っているのは、ジャスのすべり止めマット。
夏はさすがに暑苦しかったので、茣蓙を敷いていました。
掃除機をかけて、洗濯してキレイになったすべり止めマットに交換です

その間、ジャスさんはお庭で待機~。

7ジャス

「おかーしゃん、まだ~?」

ブスっとしてる・・・・(笑)

そのうち、何かを思い出したようで・・・・・

8ジャス

必死に何かを確認しています

実は、昨日夕方のお散歩から帰ってきた後、庭で遊んでいたジャスがあるものを見つけました
なんと、亀です
なぜに、庭に亀が・・・・?

ジャスがキュンキュン興奮しまくりで亀さんにちょっかいを出していたので、亀は手も足も首も引っ込めた状態
というわけで、おとーさんが庭の外(お隣さんとの境の溝)へ、亀を逃がしました。
そしたらもう、大興奮で探す探す(笑)

庭を走り回って、キュンキュンないて大興奮

そのうち、一点を長く嗅ぐようになり・・・・

2お庭

「ここですここが怪しいですっ

1お庭

全く離れなくなってしまいました

おとーさんが外側から回ってみると・・・・

4花

塀とブロックの境に鼻先を突き出してクンカクンカするジャスさんの姿が・・・・

近くに亀がいるのか?
と思ったおとーさんが懐中電灯を照らして見てみると・・・・

3亀

いたっ
しかもカメラ目線(笑)

5亀

これ・・・・何ていう種類の亀ですか?
どこかで飼われていたんじゃないかと思うんですけど・・・(周りに川等の水辺がないので)

草に埋もれてジッとしている亀さんのにおいを嗅ぎあてたジャスさん

「ジャスもやっぱり犬なんやな~」と変な感心をするおとーさん(笑)
結局、だいぶん長い間ここから離れずにキュンキュンないていたジャスさんでした

一夜明けて、今日も亀のことをしっかり覚えていたようです。
ちなみに、まだいるのか見てみたら・・・・

11亀

いました
ペットボトルの横にいるのが、亀です。
ジャスさん、凄いね・・・・

さて、リビングは順調に模様替え終了~

9リビング

ホットカーペットを敷き、ジャスのケージの下にも断熱シートを敷きました。
冬支度、完了ですっ

ジャス、お待たせ~
もう入っていいよ~

と声をかけたら・・・・・

10ジャス

待ちくたびれて、お昼寝してました(笑)
しかし、この写真めちゃくちゃ胴長に見えませんか
ダックスかと思いました




一毛打尽!

朝晩がかなり冷え込んできましたね~。
例年よりも、季節が進むのが早い気がします。

DSC_8847.jpg

寒暖の差について行けない私です・・・・(´д⊂)

ジャスさんも、ベッドで丸くなって眠るようになりました

DSC_8850.jpg

さて、季節の変わり目と言えば、柴犬飼いさんにとって悩ましい問題が。
そう、毛の生え変わりです~~
ジャスの場合は室内で飼っているせいか、柴犬さん特有のモコっとした冬毛にはなりません。
その変わり、1年中ダラダラと抜けています。

毎日、掃除機とコロコロをフル回転しているんですが、それでも掃除機をかけ終わったそばからブルブルブル・・・・とされると毛まみれに(泣)

そんな私、真剣にルンバを買う事を考えてました(笑)
でも問題は、「本当に毛が取れるのか」です。
フローリングの場合は問題ないけど、ジャスが滑らないようにカーペットを敷いていて、そのカーペットに恐ろしいほど毛が絡みつくのです。
掃除機でもコロコロでも取れない、カーペットに突き刺さった毛が

でも、電気屋の店員さんに聞いてみると、やっぱりそういうのはダメみたい。
そりゃそうだよね(笑)
所詮、機械なんだもの。

そんななか、ネットで調べていたら見つけてしまいました!
その名も、「一毛打尽」です(笑)
一網打尽じゃないですよ。
それにしても、ネーミングセンスが素晴らしすぎるっ(笑)

早速購入してみたんですが・・・。
ソファーに絡みついた毛が、取れる取れる~~~

DSC_8853.jpg

固いスポンジのような「一毛打尽」を、かるーく滑らせるだけで、面白いほど毛が取れます
これ、考えた人天才ですな☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

というわけで、これから活躍してくれそうです

ちなみに、ダルメシアン、パグ、フレンチブルのような硬くて短い毛は、かき出しにくかったり、まとまりにくかったりするそうです。
柴犬くらいの長さだと大丈夫だと書いてありました。
猫ちゃんはどの種類の子でも大丈夫なんだそうです。


~おまけ~

DSC_8833.jpg

外壁に蜘蛛さんが・・・。
ジャスさん、未知との遭遇です

蜘蛛をクンクンするだけで、それ以上近づかないジャスさんでした|д゚)チラッ


久々にmaricaさんへ♪

日曜日、おとーさんは午前中だけお仕事でした。
帰ってきてお昼ご飯を食べてから、ジャスと一緒にお出かけすることに。

久々のmaricaさんです

1marica

ここはドッグカフェではないですが、ワンコOKの席があります。
しかも、ワンコにはお水とビスケットのサービスが
ありがたいですね~

2marica

最初は、こちらのソファー席に座っていたんですが、10月だというのに暑すぎて死にそうでした(笑)
お隣のソファー席が空いたので、そちらへ移らせてもらいました。

3marica

ジャスさんが座っているマットも、ちゃんとお店が用意してくださいます
至れり尽くせりですね

4marica

なぜかジョーズのぬいぐるみが置いてあり、クンカクンカするジャスさん。

5marica

「おとーしゃん、これ噛んじゃダメ?」

お店のだからダメだよ~

6marica

ジョーズと一緒に、仲良くウマウマを待つジャスさん
と言っても、ジャスさんはサービスでいただいたワンコビスケットだよ

7marica

アイスマリカティーが運ばれてきました~
ブルーベリーが入った、とってもフルーティーなアイスティーで、美味しかったです+゚。*(*´∀`*)*。゚+
ほんとは温かい紅茶を飲もうと思って来たんだけど、日差しがポカポカ・・・というより暑かったので、急きょアイスティーに(笑)

8marica

これは私が注文した、リコッタチーズパンケーキです
生地にリコッタチーズが入っているらしく、しっとりでフワッフワ
シンプルで、甘さが全くなくて、シロップをかけてちょうどいい感じ。
3枚も食べられないので、おとーさん(主人)に手伝ってもらいました(〃▽〃)

そんなおとーさんが注文したのは、こちら
その名も、「ジュエルドフルーツパンケーキ」ですっ

9marica

「わ~おとーしゃん、欲張りですね~

思わずジャスさんも仁王立ち(笑)

10marica

いい子にしていれば貰えると思っているので、そのままお座りの態勢に
ジャス~~これはアカンで~~

11marica

おとーさんが食べ始めても、パンケーキをガン見状態でした

12marica

「おとーしゃん、なんならジャスが手伝いますよ~~~・・・・」

13marica

「ああ・・・・もうジャスの分がなくなっちゃうじゃないですか・・・・・・

14marica

「おとーしゃん、せめて一口だけでも・・・・・」

と擦り寄っていくジャスさん(笑)

15marica

「はい、あ~~~ん

・・・・しかし、当然ながら貰えないジャスさんなのでした~・・・・・

お店のスタッフの方もワンコに優しくていい方たちばかりで、何度も「大人しくていい子ですね~」って誉めていただきました(* ´ ▽ ` *)
ビスケット、たくさんありがとうございました


お腹がいっぱいになった後は、お店の前を軽くお散歩

16marica

左に写っているのは、川ではなくて海です。
風が気持ちよかったです~。

17marica

maricaさんは、舟艇の販売や、ボート講習等のマリン事業をされているので、Cafeの前には船がたくさんあります

18marica

「おかーしゃん・・・・・」

うん、まさか泳ぎたいなんて言うんじゃないでしょうね
もう10月ですよっ

お天気もよくて、気持ちのいい休日でした~