TOP病院・病気 ≫ 手術当日

手術当日

今日、ジャスミンの避妊手術の日です。

クローン病で検索して辿りつかれた方、タイトルを見て私のオペだと思われたかもしれないですが、犬です。

犬のオペです。


たかが犬のオペで・・・・って思われる方もいらっしゃるかもしれないですが、私にとっては大ごとです。

自分のオペのときよりブルーです。


朝、飼い主が起きてから水と食べ物禁止・・・と言われていたので、起きてすぐに水飲み用のペットボトルを片付けました。


何も知らないジャスは、いつものように主人と朝のお散歩。

帰ってきて足を洗ってもらって、その後はいつものようにダッシュでリビングへ。

朝ごはんが貰えると思って、キラキラした目で見ています。


・・・・朝ごはん、今日はあげられないんだよ。ごめんね。


これがとっても辛かったです。


どうして今日はご飯が貰えないんだろう?って思ったよね。

いい子にしているのに・・・・とばかりに、お座りでアピール。

これだけで泣きそうな私でした。


それからも、おかしいな?おかしいな?って感じでリビングをウロウロ。

でも一度も要求吠えすることもなく、キュンキュン鳴くこともなく。

大人しかったです。


そのうち諦めたのか、ソファーへ。



くまっこのクローン病日記

なんだか悲しげな後ろ姿に見えてしまいました。


病院に行く途中も、クレートの中で大人しくしていました。

一度だけ、ク~ンって鳴いたけど。


10時前に病院に到着。

すぐに診察室に呼ばれて、ジャスを預けました。

暴れることもなく、嫌がることもなく、されるがままのジャスでした。


一応、乳歯が残っていたらついでに抜歯してもらえることになっていますが、


「柴ちゃんだから、多分大丈夫だと思います」


と言われました。

歯のチェックをしてもらいましたが、歯石取りも必要ないみたいでした。

あまり若いうちからゴリゴリやると、歯のエナメル質を傷つけてしまうそうです。

毎日の歯磨き、頑張るしかないですね!


オペは午後からで、何事もなければオペ終了等の連絡も一切ないそうです。

明日9時~12時の間にお迎えに行きます。


今頃、オペ頑張ってるかな。


いつも家に帰ったら、


「ワンワン音譜


って鳴いてすごく喜んでくれるのに(うれション付き)、今日は玄関を開けても静かで、それだけでも泣きそうでした。

パソコンを立ち上げると温かいコメントをいただいて、本当に泣いてしまいました。

情けないですねあせる


応援していただいて、ありがとうございました!

明日、元気にジャスミンを迎えに行きたいと思いますラブラブ


さ、今からケージを動かして、ジャスのお家のお掃除します。

ピカピカのお家にして、ジャスを迎えたいですクラッカー

Comment

1. こんにちは(^^)
編集
くまっこさん かわいい(^^)


しっかりもののくまっこさんの
違う一面が見れました(^-^)


私も小鉄の時…

泣きそうでしたもん(>_<)

うちは3匹もいて
賑やかなはずなのに

小鉄のいないケージを見て
とても不安でしたから。


早くお迎えに行きたいですね(^^)

いい子で待ってくれてますよ。
2013年10月03日(Thu) 14:51
2. こんにちは
編集
大切な家族です 心配だったり 辛くなるのは当たり前だよ!!明日 が待ち遠しいね
2013年10月03日(Thu) 16:01
3. 優さん♪
編集
いやいや、全然しっかりしてないです(^▽^;)

優さんもやっぱり泣きそうだったですか(ノ_-。)
だって、大事な家族ですもんね。
1匹いないだけでも、家の中の空気が全然違いますよね・・・。

今日、ジャスミンのケージをキレイに掃除しました。
帰ってきたら、ゆっくり休めるように。
空っぽのゲージを見ているだけで、なんだかせつなくなりました←今日はダメダメな私です(ノ_-。)

明日、元気な顔を見られるのを楽しみに頑張ります!
2013年10月03日(Thu) 18:51
4. 真っ赤なトマトさん♪
編集
ありがとうございます(ノ_-。)
子供のいない私たち夫婦にとっては、本当に大事なわが子です。

明日のお迎えが楽しみです(*^▽^*)
2013年10月03日(Thu) 18:53
5. 無題
編集
前日と当日のブログを読んでいて ジンときていました。ただ、犬や猫を飼ったことがなかったので 何と言って良いものか言葉を選んでました。今まで話には聞いていても こういう思いって身近に感じたことがなかったのです。犬や猫を飼うということは こういうことはつきものなんですね。犬や猫にとってペットになるということが どういうことなのか?改めて考えさせられました。でも今後 くまっこさん家族とジャスミンちゃんとの間がより一層深くなることだろうと思います。大切な家族のために頑張って下さい。
2013年10月03日(Thu) 22:31
6. はっちさん♪
編集
お気づかいありがとうございます(*^▽^*)

人間のオペも大変だけど、人間の場合は自分である程度の心構えが出来ますよね。
でも犬や猫の場合は、まさか自分が今からお腹を切られるなんて予想もできないですよね。

いきなり家族と離されて、知らない人に預けられて、麻酔で眠らされて、次に目が覚めたときはお腹が痛いんですもん(ノ_・。)
それを思うだけでも、かわいそうで、なんだか申し訳なくて、泣きそうになります。
動物でも、本当に大事な家族の一員なんですよね。

犬や猫は、人間よりもずっと寿命が短いけれど、だからこそ生きている間は精いっぱいかわいがりたいです。
明日、元気にお迎え行ってきますね(^-^)/
2013年10月03日(Thu) 22:43
7. 無題
編集
我が家の愛犬マロンも数年前に避妊手術をしました

心配して、迎えに行ったのですが、本人は元気そのものでした

我が家のマロンは、誰とでも仲良く過ごすことができます

つまり、飼い主がいなくても大丈夫だったようです

2013年10月04日(Fri) 00:49
8. ふるさとさん♪
編集
ふるさとさんのワンちゃんも、避妊手術されたんですね。
翌日は元気だったとのことですが、本当にワンコは強いですね。
人間のオペだと、数日は痛みとの闘いですもんね・・・。

うちのジャスも、人懐っこいです。
つまり・・・。
私たちがいなくても大丈夫なのかも( ´艸`)

そろそろお迎えに行ってきます♪
2013年10月04日(Fri) 09:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL