TOP病院・病気 ≫ お迎え

お迎え

今日、ジャスミンのお迎えに行ってきました音譜


すぐに名前を呼ばれて診察室へ。

先生に抱っこされたジャスがやってきましたクラッカー


やっとジャスに会えた~ラブラブ

よかった、元気そうクラッカー


って思っている私をよそに、ジャスはふつ~の反応(笑)


「あ、来たん?」


って感じで苦笑

台に乗せられて、ナデナデすると緩~く尻尾を振っていたけど、ほぼ無反応・・・。

まだ寝ぼけてるの?



先生からは、



無事に手術が終わりました。

乳歯は残っていなかったので、何も処置していません。

以前、外耳炎になっていたので耳も見たけれど、キレイでした。

以前、肉球に出来ていた赤い腫れも、キレイです。

と言うわけで、特に何も問題ないです。



とのことで、ホッとしました。


点滴をしていたので、まだ水も餌も与えていないとのことで、ちょっとビックリ。

家に帰ってから、少量の水を与えてみて、吐かなければ少量の餌を与えてくださいとのことでした。


お薬は、抗生物質が3日分出ました。

朝晩、与えます。


手術部位に関しては、包帯や絆創膏等の傷を覆うものは何も必要ないそうです。

化膿止めを処方しているので、消毒も必要ないそうです。


傷口を気にして舐めたり、赤くただれてくるようなことがあれば、エリザベスカラーをするそうですが、基本的にはしない方向だそうです。

エリザベスカラー自体がストレスになるから、だそうです。


基本的に男の子だと、傷口を気にする子が多いので、エリザベスカラーをするそうですが、女の子なのでそんなに気にしないと思いますと言われたよ。

性別関係あるんですかね?


ジャスの場合は、紐を引っ張ったり噛んだりするのが好きなので、お腹の糸も引っ張りそうでドキドキです。

そのときは、またエリザベスカラーを取りに病院へ行くことになりました。



今日は、夕方のお散歩も軽くなら行ってもいいそうで(傷口に土をつけないように注意して)、明日からは通常の生活でいいそうです。

特にケージに閉じ込める必要もなく、リビングフリーでいいと言われました。

ただ、興奮して何度も飛び付くとか、そういうときはケージに入れてくださいと言われたよ。


帰りの車の中では、ずっと眠っていました。

食べていないということで、お腹すいてしんどかったのかもね。


家に着いてクレートの扉を開けても、しばらくは出てこなかったです。

無理に引っ張り出さずに、放っておいたら、そのうち自分から歩いてリビングに入ってきました。


少量の水を用意したら、すぐにやってきて、あっという間に飲みほしました。

よっぽど喉が渇いていたんだろうね。


吐く様子もなかったので、ご飯を少量あげてみると、がっついて食べたので、ちょっとずつ食べさせました。

その後、リビングをウロウロしていたけど、自らケージに入って行きました。

眠たかったのか、疲れていたのか、傷が痛いのか・・・。

わからないけど、でも元気です。


くまっこのクローン病日記

ベッドに寝ると、やっぱり傷口が気になるみたいです・・・。


くまっこのクローン病日記

傷口をペロペロ、たま~に糸を引っ張っているような感じで、ドキドキです。

止めさせても、すぐにペロペロ。


くまっこのクローン病日記


お腹の毛を大きく刈られているので、その後が痒いのか、傷口ではない部分もペロペロしていました。

この上の写真をクリックすると、傷口が見えると思います。

小さな傷で、2~3cmくらいですかね。


キレイに縫ってありました音譜

キレイすぎてどこが傷かわかりにくいですが、薄くピンク色っぽくなっているところが傷口です。



先生が仰るには、


「多少は舐めてもいいです」


との事でした。


ただ、ずっと舐めてジュクジュクした状態がよくないみたいで、傷口は乾かす方がいいそうです。

そのために、何も傷口を覆わずに、剥きだしなんだとか。

病院によって、違いますね~。


実家のビーグル(マロン)がオペをした病院では、オペ後はお腹にガムテープのようなテープがビッチリと貼りつけてありました。

マロンがすぐに剥がしてしまったんですが、それはそれでいいんだそうです(ジャスの病院は、マロンとは違う病院です)


抜糸は10~14日後の予定です。



心配しまくりだった私とは違い、ジャスはいつもと変わりないです。

病院に預けられたときも、お迎えのときも、平静そのもの。

大物なのか!?

昨日、一人で泣いた私がバカみたいでした苦笑

あははは・・・・。


まあ、元気でいてくれてよかったです音譜


いろいろと心配してくださったみなさん、励ましてくださったコメント、とても嬉しかったです。

本当にありがとうございましたラブラブ


くまっこのクローン病日記

Comment

1. くまっこさんへ
編集

ジャスちゃん大物ですよ!
しかし2,3㎝と切り口も小さいので安心しました。

うちの猫は玉はのけても、袋はそのままなので、見た感じ膨らみがあって、去勢前とそう変わりないんですよ!

うちの、ミロは車に乗って病院ついてもずっと泣くし、トラは大人しいけど、診察台に乗せると、肉球に汗かいてて濡れいてビックリしました。

トラも入院して、お見舞いに行くと柵の中から、ニャアニャアすりすりしてきて後ろ髪引かれましたよ。

動物の変化を見落とさないように気づいてやらないといけませんね。

ジャスちゃんよりも、くまっこさんお疲れさまでした(*^^*)
2013年10月04日(Fri) 15:22
2. しろみさん♪
編集
やっぱり、小さい頃にオペすると、小さな傷で済むみたいですね。
小さいと言っても、ジャスはもう結構大きくなってますけど(^▽^;)

猫ちゃんの方が、病院嫌いかもしれないですね。
よく洗濯ネットに入れられた猫ちゃんを病院でみかけます。
暴れる子が多いのかも。

犬でも暴れて噛む子もいるし、先生の手が傷まみれなのもよく見かけます。
先生も大変ですよね(-"-;A

それにしても、トラちゃんかわいいですね( ´艸`)
そんな風に甘えられたら、飼い主としては嬉しいですよね♪
逆にジャスはクールな態度だったので、拍子抜けというか、淋しいというか・・・(´_`。)
まあ大物ということで(笑)

ありがとうございます♪
ちゃんとジャスの体調を観察します!
2013年10月04日(Fri) 15:56
3. おつかれさまでした
編集
やっぱりドキドキしますよね!
きっとジャスちゃんも緊張の連続でやっと安心したんだと思います。
うちのモカは日帰り手術でしたが、数日はベットから動きませんでした。
やっぱり痛いんですよね?!先生は「痛みはない」って言ってたんですが・・・・。ほんとかな?
2013年10月04日(Fri) 16:54
4. コナカさん♪
編集
ありがとうございます。
無事に終わって、やれやれです~(^▽^;)

モカちゃん、日帰りだったんですか!?
大丈夫でした?
痛みは・・・どうなんだろ。

ジャスは普通に歩いてるけど、夕方まではケージに入れてました。
ずっと寝てましたよ。
夕方にケージを開けたら、しばらくして出てきて。
晩ご飯食べたら元気になって、オモチャをくわえる余裕も!
犬って凄いな~って感心します。

痛みはその子その子で個人差があるのかもしれないですね。
人間でも、人によって耐えられる痛みは違うしね(^-^)/
2013年10月04日(Fri) 18:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL