TOP日記 ≫ 親不知

親不知

一昨日から、親不知が疼き始めました・・・

過去に、上の親不知を2本抜いた私。
下2本は、まだあります。

上の親不知を抜いたときに、歯科医の先生から言われたのは、

「上の親不知は簡単に抜けるけど、下の親不知を抜くのは大変で、顔が腫れる」

と言うことです。
それを思い出して、ブルーな気分

痛いというよりはウズウズと疼く感じなんですが、早めに病院行ったほうがいいなと思い、昨日歯医者に行ってきました。
クローンになって20年以上、病院はすっかり慣れっこなんですが、歯医者さんだけは慣れません・・・

先生に診察してもらった結果、親不知が斜めに生えてきていて、手前の歯に当たっているとのこと。
なので、これ以上生えてくることはないそうです。
歯も、半分だけ顔を出していて、半分はまだ歯茎の中です。
親不知は歯ブラシが届きにくいので、虫歯になりやすく、本来ならば抜歯することが多いそうなのですが・・・。

こんな風に斜めになっているのは、結構大変なんだとか。
歯茎を切って、歯を抜くようになるんですが、しっかりと骨の中に埋まっているので、骨を削ることになるそうです

しかも、歯の根っこ部分のすぐ下に神経が通っていて、歯を抜くために強い圧をかけると神経に触れ、後々痺れの後遺症が出ることもあるとか。

私が行ったところは口腔外科でもある歯医者さんなのですが、ここでは痺れが出たときの治療ができないそうで、抜くとなったら総合病院の口腔外科に紹介状を書きますと言われました

でも、痛みがあるわけではなくてウズウズと疼く程度なので、抜くときのリスクや抜いた後の後遺症を考えると、今抜かなくても・・・と言われました。
結局、化膿止めの抗生物質を出されて、3日間飲みきって、また来週診察を受けることになりました。

先生の考えでは、こういうウズウズが年に1回程度おきるくらいなら抜かないほうがいいけど、年に何度も起こって生活に支障が出るようなら抜いた方がいいかも・・・って感じでした

う~ん、難しいですね

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL