flower border

診察行ってきました

Category婦人科
4月末に撮ったCTに写っていたモノですが、どうやら今回はクローンとは全く関係ないようです。

4月末に腰痛と微熱の体調不良になり、とりあえず行ってみた婦人科でまさかの卵巣の腫れが見つかったんですが・・・。
1週間クラビットを飲み切って、今日外来に行ってきました。

採血結果は、CRPが0.66とまだ正常値ではないですが、5.45からかなり下がりました。
白血球は6800と正常値です。
クラビットが効いたみたいですね。

ただ、結局なんだったのかわからず。
クリニック(婦人科)の先生は、卵巣が腫れてもCRPや白血球が上がることはないとのことでしたが・・・。

ちなみに前回のCT画像ですが、放射線科の先生も、腸管とは繋がっていなさそうなのでクローンの膿瘍ではなさそうだとの見解だそうです。
主治医曰はく、

「そもそももしもこれが膿瘍なら、クラビットだけで抑えられるハズがない」

・・・と。
私も同感です。
7cmもの膿瘍ならば、その前に高熱が続いているハズ。
そういう症状は一切なかったので、今回はクローン病とは関係なさそうです。

放射線科の先生も、腫れているものは卵巣ではないかとのことだったそうです。
クリニックではオペが必要とのことでしたが、オペをどこでやるか・・・という話になりました。

クローン病で罹っている病院の婦人科は、数年前に閉鎖になりました。
同じ市内の別の総合病院でやるか、1年半前にオペした東京の病院でやるか。

私としては、クローン病のこともあるし、ストーマもあるし、子宮摘出のオペもしてもらった東京の病院でやるほうがいいかなと思うんですが、なんせ遠いので・・・。
これがクローンのオペなら迷わず東京に行くんですが、婦人科のオペでわざわざ東京までいくのもどうかな~と。
これが良性の卵巣嚢腫だったら、切って終わり・・・ってことですが、もしも良くないものだった場合、オペの後も治療は続きます。
そうなると東京に通うのは無理なので、最初からオペも地元の病院でやるほうがいいのかなと。

結局クローンの主治医と相談した結果、とりあえずMRIを撮ってから、CTとMRIの画像を持って東京の病院の婦人科を受診することにしました。
そこでオペが必要だと言われた場合、東京でやるか地元でやるか決めようと思います。
MRIは20日の予約なので、それまではとりあえず待つしかないですね。
1日も早くMRIを撮って、東京に行きたい気持ちはありますが、MRIがその日しか取れなかったので。

それにしても。

「神様は、乗り越えられる人にしか試練を与えない」

ってよく言われるんですけど・・・。
試練与えすぎでしょ

0 Comments

Post a comment