TOPクローン病 ≫ 炎症性腸疾患 市民公開講座

炎症性腸疾患 市民公開講座

来月、兵庫医大で炎症性腸疾患の市民公開講座が開催されるそうなので、お知らせします。

DSC_6431.jpg

画像が見にくくてすみません
パソコンのメールに添付されて送られてきたものがパワーポイントだったので、保存・貼り付けの仕方がよくわからず、パソコン画面の写真を撮りました

先着600名で、事前申し込みは不要とのことです(参加費無料)
もしよろしければ、ご参加ください。
ちなみに、私も当日参加しようと思っています。

Comment

編集
大規模な講座ですね。600人とは、さすが兵庫ですね。

こちらでは全くありません。
市の保健所のlBDの集いが10年以上振りに今月ありましたが、都合がつかず参加出来ませんでした。

昔は興味なかったけど、時代も医療も変わって来てるし気になるなぁー。

2015年02月25日(Wed) 18:41
No title
編集
お久しぶりです。
いつも読み逃げしていました。
市民公開講座の情報ありがとうございます。
兵庫医科大での講座は初めてですが、私も久しぶりに参加してみようと思います。
私が発病した10年程前とは変っていると思うので・・・
早く良い薬が出る事を願うばかりです。
2015年02月25日(Wed) 20:50
しろみさん♪
編集
コメントありがとうございます♪

兵庫医大は、クローン患者さんがたくさん罹られている専門病院で有名なので、
やっぱり規模も大きいですね。

> 昔は興味なかったけど、時代も医療も変わって来てるし気になるなぁー。

私は逆で、昔は市民公開講座があれば都合のつく限り参加していました。
今みたいにネットが一般的に普及している時代ではなかったので、とにかく
病気の情報がなくて・・・。
今は病気が落ち着いているので、あまり参加しなくなりましたが。
今回は味の素にお勤めのクローン患者さんのお誘いがあったので、久々に
行ってみようと思っています(*'▽')
2015年02月25日(Wed) 22:07
まこさん♪
編集
コメントありがとうございます♪
読み逃げでも大歓迎ですよ(*´ω`*)

私も久々に参加してみます。
今は病気自体が落ち着いているので、なかなか参加する機会も
なかったんですが・・・。
レミケード・ヒュミラに続くお薬も、次々開発されると思います。
完治は出来なくても、うまくコントロールできる時代になると
いいですね♪
2015年02月25日(Wed) 22:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL