TOP病院・病気 ≫ ジャスの病院

ジャスの病院

ブログ放置してました・・・。
間が空くと、書くのが億劫になってしまいますね(;´・ω・)

前回、ジャスの左前足が赤くて病院に行き、お薬をもらいました。
お薬を飲ませ始めて最初の3~4日くらいは、足裏を舐めることがなくなったので、このまま治ってくれるかな~と期待していたのですが。
またチョコチョコと舐め始め、後半の1週間はずっと舐めていたり、噛み噛みしているときもあって、以前より真っ赤に

そして2週間後の昨日。
ちょうど狂犬病&ワクチンのために病院を予約していたので、もう一度足裏も診ていただきました。

病院1

中待合で、呼び出されるのを待つジャスさん。
恐怖で、ハアハアです💦
このあと、4番の診察室へ呼ばれました。

病院2

体重は、2週間前より0.04kg増加。
ま、あんまり変わっていないので一安心。

病院4

先生がやってくる背後のドアに全神経集中して、耳も後ろを向いています💦

その後先生がやってきて、左前足を診ていただきました。
前回と違う先生だったので、違いを診ていただけなくて残念。
結局、お薬は継続になりました。

前回は前半1週間はステロイドを1日半錠で炎症と痒みを抑え、後半1週間は痒みを抑えるマイルドなお薬に変更されたのですが、今回は前半1週間はステロイド1錠になりました。
そして後半は前回と同じお薬に。

人間でもステロイドを使うときは、減量していくことが最も難しく、急激に減量すればリバウンドや離脱症状に苦しみます。
犬の場合も同じだと思いますが、1錠飲んでいていきなり0にしても問題はないのか、聞いてみました。
そしたら、「大丈夫です」と。

その後、大人しく狂犬病&ワクチン接種が終わり、待合室へ戻りました。
すると先生が出て来られて、「やっぱり後半の1週間はステロイド半錠にします」と。
いきなり0にするのではなく、少しずつ減量するとのことでした。
まだ若い先生で、獣医師になって2年目だったので、上の先生にでも相談されたのかもしれないですね。
私自身、クローン病でステロイドを飲んでいた時期もあり、離脱症状の大変さを身をもって経験しています。
なので、どうしても気になってしまって。

ステロイド・・・というと、どうしてもステロイドだけは拒否!というステロイドアレルギーのような方もいらっしゃいますが、私はステロイドを使用することについては否定的ではありません。
むしろ上手に使用&減量していけば、病気の悪化を防いで早く治すことができます。
要は、使い方次第なんですよね。

お薬
バイトリル 1日1錠 14日分
プレドニゾロン 1日1錠 7日分(前半1週間)→プレドニゾロン 1日半錠(後半1週間)

ついでに、ノミ・ダニ予防のお薬もいただいて、無事に病院終了
ご褒美に、ウマウマを食べにいきました

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL