flower border

入院記録 その1

Category入院~2006年9月以降
1月28日(土)~2月1日(水)までの入院記録を書いていきます。
同じクローン病患者さんのため、そして自分の備忘録のために書くので、興味のない方はスルーでお願いします💦


1月27日(金)

いつもと変わりなく、普通に過ごして、夕方のお散歩も普通に行きました。
お散歩から帰ってきてから、異変が始まりました(´;ω;`)

最初におかしいなと思ったのは、ストーマのパウチがいっぱいになっていたこと。
お散歩前にトイレを済ませたのに、おかしいなと思っていたら。
ここから、何度トイレに行っても、すぐにパウチに溜まる溜まる💦
そのうち、「あ、これヤバいヤツやわ・・・」と気づく💦

1月9日辺りにも、夜間のエレンタールがいつもより吸収されずに出て来て、嫌な予感はあったんですが、このときは日中は普通だったんですよね。
なので病院には行かず、そのうち自然に治ったんですが。
今回は、「まずいな~。病院かな~」と予感がありました(´;ω;`)
とりあえず、こうなったときのために先生に処方してもらっていたクラビットを飲んで、夜間はいつものようにエレンタールを。
ところが、これがまったく吸収している気配がない。
1時間半でパウチがいっぱいになり、トイレ通いばかり。
この頃には結構フラフラで、明らかに脱水症状が出ていて、本当にしんどかったです💦
それでも朝まで待って、それから病院へ行こうと思っていました←あほ


1月28日(土)

結局、明け方4時頃、おとーさんが「病院行くか?」と声をかけてくれ、素直に従うことに。
フラフラになりながら、出かける用意をして病院へ☎。
病院では点滴をしてもらうので、そうなると時間がかかる・・・。
という事で、なんとジャスさんも連れて行くことに!

朝、6時頃に病院到着。
運よく、当直医が消化器内科の先生だった。
話したことも、診てもらったこともない先生だけど、お互い顔は知っている・・・という感じ。

脱水の原因が何かわからないので、取りあえず採血をしてから点滴に。
過去に卵管炎を起こしたことがあり、その再燃のときに似たような症状になったことがあり、前もってクラビットを飲んできたことを伝える。
このときの体温、35.8度。

点滴1

しばらくして、採血の結果が出た。
なんと、CRPも白血球も正常値。
というわけで、卵管炎の再燃、クローンの悪化、とは考えにくい・・・・とのこと。
何が原因かよくわからないけど、採血上でも脱水であることには間違いないので、とりあえず点滴を1リットル入れましょうということに。

本当は入院したほうがいいと言われたけど、病院内はインフルエンザが流行っているそうで、レミケードを打っている私にはあまり入院をお勧めできない・・・と言われ、点滴が終わり次第帰る・・・・・ということになりました。

この点滴の最中、ナツママさんから雪遊びのお誘いが💦
行きたい・・・・けど、無理や~(´;ω;`)・・・・・・とお返事。
ジャス、ごめんよ~~~💦
ナツちゃんと一緒に、雪の中を走り回りたかったな~~~✨

その頃。
おとーさんは、ジャスさんを連れて病院周辺をお散歩してくれてました。
送られてきたジャスさんの写真を見て、しばし癒される💛

点滴3

小学生の女子たちに大人気だったそうで、かわいい~の連発でたくさん撫でてもらえたそうです(* ´ ▽ ` *)

その後、おとーさんはジャスさんに朝ご飯を食べさせて、クレートの中へ入れて車でお留守番してもらってました。

私は相変わらず点滴中。
診ていただいた消化器内科の先生は当直だったので、日勤の当直医と交代されて帰って行かれました。
日勤の当直医は、循環器の先生。

点滴の最中、それまで全くなかった腹痛が・・・(;´・ω・)
と言っても、何というか下腹部の鈍痛って感じで、そんなに深刻な感じではなかった。
それよりも、なぜか腰が痛くて💦
昨晩一睡もできていなかったので、頭痛まで。

点滴1リットル入れ終わっても、全く尿意なし。
それほどひどい脱水だったみたい。

会計を待っている間、まだふらついていたので車椅子に座って待っていた。
夜間救急に来ていた患者さんが多かったみたいで、夜間窓口の会計も混雑していた。
ずっと待っている間に・・・・・・腰の痛みが強くなり、しかもなんとなく発熱している気配。
体温計をもらって測ると、37.1度。
さっきは35.8度だったのに💦
もしかして、これから上がるのか!?

結局、泣く泣く入院することに・・・・・゚・(つД`)・゚・

前回の入院は、4年ちょっと前。
そのときは東京の病院で、永久ストーマのオペをしたときでした。
地元の病院は・・・・・・この前入院したのはいったいいつだっけ?・・・・・と思い出せないくらい前だったみたい。
それだけ病気も安定していて、ずっと元気だったってことだよね✨

病棟は、いつもいっぱいで入れない消化器内科病棟でした。
私が入った部屋は、4人部屋を2人部屋に改装し直した、「準個室」という扱いの部屋で、差額が1日2700円かかりますと言われました。
そこしか空いてなかったそうで。
しかも、月曜日には患者さんが入院してくる予定になっているので、それまでに部屋を変わってもらうようになる、とのこと。
なんでもいいやーと思って病室へ行くと・・・・これがビックリするくらい広かった!

病室1

オサレな格子状の窓が付いていて、オレンジのロールカーテン付き。
テーブルと椅子までついてる💦

病室2

元々2人分のスペースを一人で使っているから、足元が無駄に広い💦
ちょっとしたビジネスホテルって感じです。
これで2700円なら、安いんじゃないかなーと思った。

昨年11月に、実験的にこの病棟に一部屋だけ作ったそうで、好評なら他の病棟にも順次改装して作っていくそうです。

おとーさんは、お昼頃に入院の荷物を取りに帰って行きました。
それまで、ジャスさんもずっと車の中でいい子で待っててくれました✨

おとーさんは今日も仕事にいく予定だったので、入院の荷物は私の実家の父が届けてくれることに。
というわけで、ここでおとーさんとお別れ💦

病棟でも、引き続き点滴。
全く尿意を感じない。
一体どれだけの水分が失われいたのか💦

検温すると37.4度。
さらにちょっとだけ上がった。
とにかく腰の痛みと頭痛がひどく、途中で頭痛薬と胃薬をもらい、しばらくすると効いてきた。
その頃には、ようやく体の隅々まで水分が満たされた感じになり、一気に体が楽になる←夕方くらいだった。
父が荷物を届けてくれて、荷物の整理をする元気も出てきた。

14時間くらい経って、ようやく尿意を感じてトイレへ。
脱水状態、ようやく抜け出せた感じでした。
前日は一睡もできなかったので、21時の消灯と共に朝まで爆睡でした(〃▽〃)


続きます。

0 Comments

Post a comment