TOP入院~2006年9月以降 ≫ 入院記録 その2

入院記録 その2

入院記録の続きです。


1月29日(日)

朝、6時に目が覚める。
前日21時に消灯と共に爆睡し、一度も起きなかった・・・。
その前の日寝ていなかったので、爆睡できてスッキリでした✨

熱も平熱だし、前日ひどかった腰痛もない。もちろん腹痛も。
点滴のおかげで脱水症状もなくなったし、とても元気だった。
昨日は脱水によるふらつきがあったので、病棟内しか歩いたらダメって言われていたけど、朝になって安静解除になったので、地下の売店をブラブラする。
土日は病院がお休みなので、先生も来ないしすることもなくて暇・・・。

そう思っていたら、なんと看護師のHちゃんがやってきた!
彼女は現在、外科病棟のICUの副師長さんです✨
彼女が看護師1年目だったとき(17年前くらい)、ちょうど私が入院していた病棟にいました。
その頃は私もまだ20代。
毎年のように入退院を繰り返していたので、よく彼女にもお世話になりました(´ω`人)

この日はICUの夜勤明けだったそうで、帰る前に

「昨日はどれくらい救急外来に患者さんが来たのかな」

と思って、端末で調べていたら・・・・私の名前を発見!
ビックリして、帰る前に病室に寄ってくれたのだそうです(* ´ ▽ ` *)
この病院には発病当時からお世話になっていて、もうかれこれ25年になります💦
それだけ、たくさんの先生や看護師さんと出会ってきたわけですが、こうやって仲良くなった看護師さんがたくさんいて、今は違う病棟にいても、私の名前を見つけると会いにきてくださるのです✨
ありがたいことですね(´;ω;`)


さて。
この日、おとーさんはお仕事。
教育委員会主催の市のマラソン大会があって、それに従事していました。
マラソン大会が終わって帰宅するのは15時を過ぎるし、ジャスのお散歩もあるし、翌日からはまたお仕事だし、疲れも溜まってるだろうから病院には来なくていいよ~とラインを送っていた。
しかし、なかなか既読にならない。

・・・・・・・おかしいな・・・・・・

と、ちょっと嫌な予感が。
さすがにマラソン大会も終わってるよね、って時間になっても既読にならない。
なんかあった!?とちょっと不安に。

そうこうしていると、看護師さんがやってきて部屋の移動を頼まれました。
明日、この部屋に入院予定の患者さんが入ってくるので、部屋を明け渡さないといけないのです。
同じ消化器病棟内の部屋で、今度も2人部屋。
この2人部屋は、本来の普通のこじんまりとした部屋だけど、これはこれで落ち着く(* ´ ▽ ` *)

夜20時頃になって、ようやくおとーさんからラインが。
なんと、おとーさんもダウンしてた(つД`)ノ
38.8度熱があるとのことで、今急病センターで診てもらっているとのこと💦
うちの両親が、おとーさんの食べ物を調達してくれたり・・・・と世話をしてくれたようでした。
診察の結果、おとーさんはインフルではなかったようです。
私もおとーさんもダウン・・・ということで、明日からのジャスさんのお散歩は、私の父が行ってくれることに。
こんなとき、実家が近くて本当に助かりました☆彡

夜、おとーさんがジャスさんの写真を送ってくれました💛

まってる1

おとーさんが心配だし、ジャスさんにも会いたい・・・・(´;ω;`)


続きます。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL